カエレバとRinkerを比較して、Rinkerに全て張り替えた理由



カエレバとRinkerを比較して、Rinkerに全て張り替えた理由を紹介します。

ブロガーの人は、Amazonや楽天の商品を紹介するための商品リンクを作成するツールとして

  • Rinker
  • カエレバ

のどちらかを使っている人が多いです。

カエレバは昔からあるもので、ブロガーのかん吉さんが開発したものです。

逆に、Rinkerは2018年に出たプラグインで比較的新しいもので、やよいさんが開発したものになります。

なので、ブログを長くやっている人ほどカエレバを使っているように思います。

僕自身も約4年間ずっとカエレバを使っていたので、「Rinker良さそうだなー」と思っていましたが、すでにブログに設置しているカエレバのリンクをRinkerに張り替える必要があったので、面倒くさくてしていませんでした。

ただ、現在はすべてRinkerに張替えました。
カエレバを張り替えることになったきっかけは以下のツイートの通りです。


クリック数が645回もあるのに、1つも商品が購入されていないのはさすがにおかしいとRinkerに変更したところ、張替えてすぐに収益が発生しました

収益の異変を感じて変更しましたが、今では変更してよかったなと思います。

そこでこの記事では、なんで変更してよかったかと思ったのかを、Rinkerがカエレバと比較しながら説明していきます。

Rinkerがカエレバより優れているところ

商品リンクを作るまでの手間がかからない

まずRinkerが優れているなぁと思うのは、商品リンクを作成することについての手間が少ないということです。

カエレバを使って商品リンクを作ろうとすると、

  1. カエレバのページにアクセス
  2. 楽天市場から商品を検索
  3. 該当商品の「ブログパーツを作る」を押す
  4. 商品リンクの文字などを設定をする
  5. 生成された商品リンクをコピーして、編集画面に戻り、貼り付ける

という流れで、一度WordPressの画面から離れて、商品リンクを作成する必要があります。

その点、Rinkerだと、ブログ編集画面から

  1. 「商品リンク」のボタンを押す
  2. 商品検索をする
  3. 該当商品の「商品リンクを追加」ボタンを押す

という3段階で商品リンクができます。

Amazonでも楽天でも、ブログの編集画面から離れず、すぐに商品リンクが作成できるのは大きなメリットです。

コードの長さ

Rinkerとカエレバでは、商品リンクのコードの長さが全然違います。

カエレバは商品コードの長さがとても長いです。
普通のリンクに、

  • Amazonや楽天のアフィリエイトのコード
  • 商品の画像の呼び出しのイメージタグ

などがあるためです。

一方Rinkerはプラグインが生成するショートコードだけ。
そのため、投稿の中には[itemlink post_id="××××"]というコードのみです。

カエレバだと、大量のコードをコピペする必要があるに対し、Rinkerはコードが短いから、リンクの移動も楽です。

メインリンクがAmazon

カエレバでは、もともとメインの商品リンクはAmazonだったのですが、2019年4月にAmazonAPIの規約の改変によって、メインのリンクが楽天になりました。

それに対してRinkerのメインリンクはAmazonです。

「Amazon」、「楽天」ともに、日本人に人気のあるネットショップですが、ネットからの購入だとAmazonのほうが人気だと思います。

実際に、僕のブログでは圧倒的にAmazonからの購入が多く、割合としては、Amazonが99%、楽天が1%ぐらいです。

したがって、ブログ運営者にとってもユーザーにとっても、Amazonのリンクがメインの方が便利なのは間違いありません。

補足

サイトによっては楽天ユーザーが多いものもあります。

Amazon限定商品を紹介できる

2019年4月にAmazonAPIに関して改変されたことにより、カエレバのメインリンクが楽天になっただけでなく、Amazon限定商品のリンクを作成できなくなりました。

たとえば、僕の使っている外部ディスプレイの「DellのSE2416H」はAmazon限定商品です。

【「DellのSE2416H」レビュー】安くてコスパがいいデュアルディスプレイ用モニターとしておすすめ

2018年10月27日

この商品をカエレバで作成しようと思っても、商品リンクが作成できません。
Amazonのテキストリンクのみしか作成できません。

それに対し、RinkerだとAmazon限定商品の商品リンクも作成できるので、すぐに商品ページにアクセスできるリンクを作成することができます。

カエレバとヨメレバを使い分ける必要がない

カエレバでは、書籍を紹介する場合、「ヨメレバ」という別の使う必要があります。

一方Rinkerだと、普通の商品リンクを作るのと全く同じ様に

  1. 商品リンク追加
  2. 本の名前を検索する
  3. 本を選んでリンク作成

できます。

カエレバと違って、Rinkerが優れているのは、書籍にKindle版がある場合は、自動的にKindleボタンが表示される点です。
そのため、わざわざヨメレバにして、商品リンクを作成する手間を省くことができます。

カテゴリー分けで商品管理が楽

カエレバでは、同じ商品の商品リンクを作ろうと思ったら、

  • また新しく商品リンクを作成するか
  • すでにカエレバで作成した記事からコピペする

必要があります。

でもRinkerは管理画面の「商品リンク」から今までに作成した商品リンクの一覧を見ることができ、そこから商品リンクのコードをすぐに見つけることができます。

さらに、商品リンクのコードをワンクリックでコピーできます。

商品名で検索もできますし、どの記事で紹介しているかも一目で分かるようになっているので便利です。

まとめ:カエレバよりRinkerがおすすめ

カエレバとRinkerを比較してみました。
上記のような理由で、カエレバよりもRinkerをオススメします。

カエレバからRinkerに張り替える必要がある人は、「Search Regex」のプラグインを使って、カエレバのリンクを貼ってある記事を探し、差し替えましょう。

どの記事にカエレバやヨメレバのリンクを貼っているかがすぐにわかります。

「Search Regexって何?」って人は別の記事「一括置換プラグインSearch Regexの使い方【エラーの対処法も解説】」に使い方をまとめています。

一括置換プラグインSearch Regexの使い方【エラーの対処法も解説】

2019年6月4日
この記事のタイトルとURLをコピーする
Amazonでお得に買い物

Amazonで海外に行く前に必要なモノを購入されると思いますが、Amazonのギフト券のキャンペーンを利用するとお得です。

このキャンペーンを利用すれば、普通に購入するのに比べて、

  • Amazonギフト券のチャージ金額に合わせてポイントが貯まる(最大2.5%)
  • 5,000円以上のチャージで1,000ポイントがもらえる(初回購入の人のみ)

特に、Amazonプライム会員であれば、ゲットできるポイントの利率が一般会員よりも高くなってお得です。

ぜひこの機会に、キャンペーンを利用して、欲しい物をお得に購入してみてください。

※クレジットカード・電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外なので注意