【Anker Soundcore2レビュー】おすすめの使い方やペアリング方法を解説



お風呂場でも音楽聴きたいなぁ。

なんかいいBluetoothスピーカーないかなぁ。

そんな人におすすめなのが、「Anker Soundcore2」というBlutooth対応の防水スピーカーです。

価格も5,000円ぐらいで、そこまで高くありません。
同価格帯の中では圧倒的な人気商品となっています。

Amazonの評価も4,000個以上のレビューがあり、この記事を書いている現在の評価点は4.3と高評価です。

記事内では、Anker Soundcore2の特徴や使い方などを紹介します。

安くて防水性能もあるBluetoothスピーカーを探している人は、この記事を参考にして購入を考えてみてください。

Anker Soundcore2の特徴・スペック

まず、Anker Soundcore2がどのようなスピーカーなのかを紹介します。

スペックは以下の通りです。

項目スペック
サイズ約168mm x 47mm x 56mm
重量約414g
防水規格IPX7対応
最大使用時間約24時間

では、詳しく説明していきます。

5,000円という価格帯のスピーカー

Anker Soundcore2は5,000円という価格帯にあります。

安いBluetoothスピーカーなら3,000円からでもあるので、決して最安値ではありません。

ただ、最安値のものだと、聞いたことのない中国のメーカーのものが多く、どこか不安。

その点、Anker Soundcore2は商品名から分かるように、有名企業であるAnkerが製造しているスピーカー。
すぐに壊れるようなことはほぼないでしょうし、サポートもしっかりしています。

今回紹介しているAnker Soundcore2には3つの色の種類があり、色によって少し価格が違います。

  • ブラック:4,999円 (税込)
  • レッド:5,199円 (税込)
  • ブルー:5,199円 (税込)

ブラックが1番安く、レッドとブルーは200円だけ高いです。

まあ、200円だけの差なので、自分の好きな色のモノを選んでみてください。

この記事内では僕が持っている「ブラック」の写真しかないので、他の色の商品を見たい人はAnkerの公式ページやAmazonなどの画像を参考にしてください。

Bluetooth対応のスピーカー

Anker SoundCore2はBluetooth接続ができるスピーカーなので、スマホやタブレット、PCと接続することができます。

スマホやタブレットは、写真の画質や機能性は重視していますが、スピーカーはそこまで力を入れていません。

なので、音にこだわっているスピーカーを使うことにより、より遥かに優れた音質で音を楽しむことができます。

また、Amazon Echoと組み合わせて使うこともできます。

防水性に優れたBluetoothスピーカー

Anker SoundCore2は防水加工されているスピーカーです。

具体的に言うと、Anker SoundCore2はIPX7対応です。

このIPXとは防水性能を表すもので、8段階に分かれています。
IPX7とは上から2番目で、「30分間に1mの条件に水没しても内部に浸水しない」という規定を満たしているものなっています。

つまり、長時間水の中に入れない場合以外であれば、湿気が多いところや水がかかったりしても問題ない防水性能を持っているということです。

そのため、キッチンや洗面所、お風呂場の中など水がかかるような場所でも問題なく使うことができます。

【改善版】を選ぼう

商品名を見るとAnker SoundCore2という商品名の前に【改善版】と付いているのが分かると思います。

実は最初に発売されたAnker SoundCore2はIPX5で、今よりも防水性が劣っていたのです。

旧モデルのモノを購入しないように【改善版】という表記があるものを選ぶようにしてください。

低音を重視したスピーカー(2台接続でステレオ)

Anker SoundCore2は音質にもこだわっていますが、特に低音を重視しているという特徴があります。
聞くと、低音がよく響くのが分かります。

また、Anker SoundCore2にはワイヤレスステレオペアリング機能があります。

この機能を使うにはがAnker SoundCore2が2台必要ですが、2台を同時接続することにより、大音量のステレオサウンドを聴くことができるようになります。

Anker Soundcore2の同封物

Anker Soundcore2を注文すると、箱の中には

  1. Anker SoundCore2本体
  2. Micro USBケーブル(充電用)
  3. 取扱説明書

の3点のみ同封されています。

説明書はいろんな言葉で書かれていますが、ちゃんと日本語の説明もあります。

メールでのカスタマーサポートもあるので、何か困ったことがあれば問い合わせることも可能です。

充電用のケーブルは入っていますが、コンセントに挿すアダプターは同封されていません。

Anker Soundcore2の使い方(ペアリングの方法)

では、Anker Soundcore2の使い方を説明していきます。
使い方と言っても、ペアリングの方法です。

ペアリングさえすれば、後は音声を流すだけですからね。
以下の3ステップでペアリングできます。

Anker Soundcore2のペアリング方法
  • STEP.1
    端末のBluetoothをオン

    まず、自分の端末(スマホ・タブレット・PC)のBluetoothをオンにします。

  • STEP.2
    Anker Soundcore2の電源を入れる

    つづいて、Anker Soundcore2本体上部にある電源ボタンを長押します。
    起動すると音がなります。

  • STEP.3
    端末側を操作して接続する

    自分の端末に「Soundcore2」と表示されるので、タップ(クリック)すると接続します。

    接続が完了すると、音が鳴ります。

    電源とBluetoothの光が点灯していれば、ペアリングしている状態ということです。

Anker Soundcore2のおすすめの使い方

普通に音楽を音楽を聴くだけでも十分に能力を発揮しますが、おすすめの使い方をいくつか紹介します。

スマホで映画やドラマを見る

まず、スマホで映画やドラマを見る時にスピーカーに接続すると、より迫力のある音で楽しめます。

テレビはまだしも、スマホやタブレット本体のスピーカーは限界がありますからね。

Youtubeはもちろん、音声にこだわっている映画やドラマを見るときは特にいいです。

洗面所

洗面所で洗顔をしたり、歯磨きしている時って暇ですよね。
そんな時、Anker Soundcore2をそばに置いて、音楽を流してみましょう。

防水加工されているスピーカーなので、水回りに置いても問題ありません。

女の人は出かける前に、化粧をしながら聴くこともできますね。

風呂場で聞く

防水性能を活かして、お風呂でも聴くのもいいです。

防水加工じゃないスピーカーじゃできない使い方です。

屋外で使う

フル充電していれば、最大24時間の連続再生が可能なので、1日ぐらいなら充電せずに使えます。

そのため、バーベキューや海水浴などをする時に、屋外でも音楽を楽しめます。
雨が降っても防水なので、問題ありません。

スピーカーのバッテリー残量はBluetoothペアリング中のiPhoneやiPadからも確認することができるのも嬉しいポイントです。

ずっと直射日光に当てていると本体が熱くなり、壊れる原因にもなりうるので、本体は日陰に置いておくようにしましょう。

目覚ましとして使う

Bluetoothとペアリングしていれば、目覚ましの音がスピーカーから流れます。

絶対に起きないと行けない時に、Bluetoothに接続して、目覚ましが鳴ると、寝過ごすなんてことは起こりません。

Anker Soundcore2と一緒に使いたいアプリ

最後に、Anker Soundcore2と組み合わせて使うことで、より快適になるアプリを紹介します。

「音楽聴き放題サービス」と「音声読書サービス」の2つです。

特に、Amazon Echoと組み合わせて使うことで、音声操作ができてより便利です。

Amazon Music

スピーカーと言えば、やはり音楽を聞く時に1番能力を発揮すると思います。

たくさんの音楽のアプリはありますが、おすすめなのは「Amazon Music」です。

Amazon Musicのアプリを使うためには、

  • Prime Music
  • Amazon Music Unlimited

のどちらかを契約する必要がありますが、契約さえしてしまえば、好きな音楽がいつでも聴き放題です。

Prime Musicは、Amazonプライム会員であれば、誰でも利用することができます。

Amazon Music Unlimitedは、Prime Musicとは違い、より聴くことができる曲数が多いです。

Alexaを持っている人はAmazon Music Unlimitedの「Echoプラン」だと月額380円で6500万曲が聴き放題になるので、かなりお得です。

Amazonプライムがおすすめな理由【特典たくさん】

2019年8月7日

【Amazon Music Unlimited】プランの種類や料金について解説

2019年12月9日

Audible(Audio Book)

音楽だけでなく、オーディオブックをスピーカーで聞くのもおすすめです。

オーディオブックとは、本の内容を読んでくれる音声のこと。
スピーカーを使って、本の内容を聞くことができます。

特に、風呂場でも読書する人は多いですよね。
ただ、紙の本だと、湿気で本がふにゃふにゃになったり、落として濡れる可能性もあります。

また、僕のスマホは防水じゃないので、スマホケースに入れて「AmazonのKindle Unlimited」でいろんな本を読んでました。

でも、風呂で本読むとだんだん眠くなるんですよね。

そんなお風呂場でも本を読みたいという人には、耳で聞く音声読書がおすすめです。

僕も実践していますが、リラックスしながら本の内容が入ってくるのでかなり楽。

僕自身はAmazonの「Audible」を利用していますが、似たいようなサービスに「Audio Book」というものもあるので、お好きな方を利用してみてください。

公式Audible

公式オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

Anker Soundcore2まとめ

防水加工がされているBluetoothスピーカー「Anker Soundcore2」を紹介しました。

音質を追求するのであれば、1万円以上のBluetoothスピーカーの方が優れていると思います。

ですが、5,000円以内で買えるという価格帯の中ではかなりスペックが高く、おすすめのスピーカーとなっています。

防水加工がされていて、安いBluetoothスピーカーが欲しい人はぜひ購入してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
Amazonでお得に買い物

Amazonを使って、いろんなモノを購入されると思いますが、Amazonのギフト券のキャンペーンを利用するとお得です。

キャンペーンを利用すれば、普通に購入するのに比べて、

  • Amazonギフト券のチャージ金額に合わせてポイントが貯まる(最大2.5%)
  • 5,000円以上のチャージで1,000ポイントがもらえる(初回購入の人のみ)

特に、Amazonプライム会員であれば、ゲットできるポイントの利率が一般会員よりも高くなってお得です。

ぜひこの機会に、キャンペーンを利用して、欲しい物をお得に購入してみてください。

※クレジットカード・電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外なので注意