Amazon Echo Dotの使い方・第3世代と第4世代との違い・Bluetoothスピーカーとの接続方法を徹底解説

Amazon Echo Dotはどういったことができるんだろう?
Amazon Echo Dotを購入したけど、どうやって使うんだろう?

この記事では、Amazonが販売しているアレクサ搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo Dot」について紹介します。

記事内では

  • Amazon Echo Dotの第3世代と第4世代の違い
  • Amazon Echo Dotでできること・使い方
  • Amazon Echo Dotの初期設定(セットアップ)方法
  • Amazon Echo DotのBluetoothスピーカーとの接続方法
  • Amazon Echo Dotと一緒に買いたい専用アイテム

という点について詳しく解説していきます。

Amazon Echo DotはAmazon Echoシリーズの中で最も安いので、初めてのスマートスピーカーにぴったりの商品ですよ。

目次

Amazon Echo DotはAmazonが販売しているスマートスピーカー

Amazon Echo DotはAmazonが販売しているスマートスピーカー

Amazon Echo Dotは、Amazon Echoをコンパクトにした商品です。

Amazon Echoに比べると音質は劣りますが、Amazon Echo DotはAmazon Echoシリーズの中で最安値なので、「スマートスピーカーってどういうものなんだろう?」という人にとってピッタリです。

Amazon Echo Dot自体のスピーカー性能は、Amazon Echoほど高くないと説明しましたが、

  • AUXケーブルで接続できる高音質スピーカー
  • Bluetooth接続できる高音質スピーカー

があれば、そちらから音を出すこともできます。

したがって、音質に関しては、他のスピーカーを使うことで解決することができるということを覚えておきましょう。

Amazon Echo Dotでできることと使い方

Amazon Echo Dotでできることと使い方

Amazon Echo Dotは、Amazon Echoに比べて内蔵スピーカーの音質が悪くなっていること以外は、普通にスマートスピーカーとして使うことができます。

例えば

  • アラームやタイマーをセットする
  • 天気を確認する
  • 音楽やラジオを流す
  • Kindleの読み上げ
  • ニュースの読み上げ
  • 店の営業時間を教えてくれる
  • スケジュールの管理
  • 買い物リスト・やることリスト(リマインダー)
  • じゃんけん、なぞなぞ

などを音声操作だけですることが可能です。

使い方は簡単で「アレクサ、○○教えて」などと話しかけるだけでOK。

また、Amazon Echoの他に、Amazon Echoのデバイスをもう1台持っていれば、Echoデバイス同士での会話も可能です。

音楽に関しては、Amazonの音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」がおすすめ。
今ならEchoシリーズと一緒の購入で料金が安くなるキャンペーンも開催中です。

Amazon Echo Dotシリーズ「第3世代」と「第4世代」の違い

Amazon Echo Dotシリーズは2016年の3月に第1世代が発売されて以来、次々とバージョンアップされ、現在は第4世代まで発売されています。

ただし、現在「第1世代」と「第2世代」はAmazon公式から購入できなくなっているので、Amazon Echo Dotを購入したい人は「第3世代」または「第4世代」という2つの選択肢から選ばなくてはいけません。

第2世代が2018年10月、第3世代が2019年10月、第4世代が2020年10月にそれぞれ発売されているので、第5世代が発売されるのであれば、2021年の10月になりそうです。

Amazon Echo Dot第3世代

Amazon Echo Dot第3世代は、2019年から販売されている1世代前のモデルです。

第4世代が発売されたのがつい最近なので、日本国内で1番使われていると言っても間違いないでしょう。

Amazonの第3世代のレビューは20,000件以上あり、高評価です。

Amazon Echo Dot第4世代

Amazon Echo Dot第4世代は、Amazon Echoの最新バージョンと同じ球体で、そのまま小さくしたものです。

まだ発売が開始されて数ヶ月しか経っていないため、第4世代のレビューの数は200程度です。

それぞれのスペックをまとめると以下の表のようになります。

商品名Amazon Echo Dot第3世代Amazon Echo Dot第4世代
価格4,980円
(月996円の5ヶ月払いも可能)
5,980円
(月1,196円の5ヶ月払いも可能)
サイズ43 x 99 x 99 mm100 x 100 x 89 mm
重量300g328g
発売日2019年10月16日2020年10月22日
スピーカーサイズ1.6インチ1.6インチ
電源供給電源アダプタ(15W)電源アダプタ(15W)
カラーバリエーション ①チャコール
②サンドストーン
③プラム
①チャコール
②グレーシャーホワイト
③トワイライトブルー
時計付きタイプ販売停止販売中
レビュー数20,000件以上のレビュー200件以上のレビュー
商品ページ

見て分かるように、形と重さ以外にこれと言った違いはありません。

形状とサイズの違い

見て分かるように「第3世代」と「第4世代」は見た目が違います。

第3世代は平べったいのに対し、第4世代は丸いです。
そのため、第4世代の方が少し重いです。

Amazon Echo Dot第4世代は、Amazon Echoの形をそのまま小さくした感じです。

価格の違い

通常時だと1,000円の違いがあります。

第3世代はAmazonで開催されるセールで安くなることが多いですが、第4世代は発売されて間もないのでセール対象になったことは現時点ではありません。

時計付きバージョンの違い

「第4世代」に関しては、本体にデジタル時計が表示される「時計付きバージョン」もあります。

基本的な機能は同じですが、本体前面にデジタル時計が表示されるので、話しかけることなく現在時刻が分かります。

ただし、時計付きになると、時計なしの第4世代より1,000円高くなります。

また、時計付きバージョンは、時計なしバージョンにある「チャコール」というカラーがなく、「グレーシャーホワイト」と「トワイライトブルー」の2色のみです。

時計としても使いたい人におすすめ

Echo Dot 第4世代(時計付きVer)

Echo Dot 第4世代にデジタル時計表示が付いたVer

時計なしVerより1,000円高い

第3世代の時計付きバージョンもありましたが、現在Amazonから新品の購入はできません。

対応商品の違い

第4世代は、現在発売されて間もないので、対応するポータブルバッテリーや持ち運び用のカバーなどもほとんど販売されていません(第3世代に対応する商品は下記で紹介)。

少し高くてもいい、持ち運ぶ予定は全然ないという人は第4世代でもいいですが、価格面や対応している商品の数を考えると、現時点では第3世代の方がいいかなと個人的には思います。

「第4世代の方が新しくていいじゃないか」と思う人が多いと思いますが、これと言った違いはありません。

初めてのスマートスピーカーに最適

Amazon Echo Dot 第3世代

Echoシリーズの中で最安値

専用商品が多い

Amazon Echo Dotの最新モデル

Amazon Echo Dot 第4世代

最新モデル

時計付きverがある

Amazon Echo Dotの初期設定方法(セットアップ方法)

Amazon Echo Dotの初期設定

Amazon Echo Dotを使い始めるためには、最初の1回だけ初期設定(セットアップ)をする必要があります。

自分のスマホやタブレットを用意して、Wi-Fiがある環境を確保してから行うようにしましょう。

基本的には、Amazon Echo Dotをコンセントに繋ぎ、アプリに表示される指示に従って行えば、10分もかからずに完了します。

詳しい初期設定方法は「Amazon Echoの設定記事」の中で、画像をたくさん使い解説しているので参考にしてください。

Amazon Echo DotとBluetoothのスピーカーへの接続方法

Amazon Echo DotとBluetoothスピーカー

Amazon Echo Dotは、音楽なども流せますが、高音質とは言えません。

そこで、1つの解決策になるのが、Bluetooth対応のスピーカーと接続する方法。

設定をすることで、Amazon Echo Dotを経由して、Bluetoothスピーカーを音声操作できるようになります。

自分の声でAmazon Echo Dotを操作して、音声だけBluetoothスピーカーで流すということです。

必要なのは以下の3つです。

  1. アレクサアプリをダウンロードしているスマホまたはタブレット
  2. Amazon Echo Dot
  3. Bluetooth接続対応のスピーカー

僕はAnkerのBluetoothスピーカー「Anker Soundcore2」を使います。

設定方法は簡単で、Amazon Echo DotとBluetoothスピーカーの電源が付いた状態で、アレクサアプリを開きます。

「デバイスの追加」ボタンでBluetoothスピーカーを選択すれば、ペアリングが完了します。

Amazon Echo Dotと一緒に買いたい専用アイテム

Amazon Echo Dotは、本体とネット環境があれば使うことができますが、さらに快適にするためにAmazon Echo Dot用の商品がたくさんあります。

上記で説明したように、第4世代はまだ発売されて間もないので、専用のグッズはほとんどないので、この記事では第3世代用に作られている

  • ポータブルバッテリー
  • 卓上スタンド
  • 壁掛けホルダー

という商品を紹介していきます。

良さそうと思った人は、Amazon Echo Dotと一緒に購入してみてください。

ポータブルバッテリー

Amazon Echo Dotは内蔵バッテリーがないので、コンセントに挿して使わないといけません。

このため、コンセントから離れた場所では基本的に使うことはできないです。

でも、

  • 屋外
  • 車内
  • キャンプ場

など自分の家の外でも使いたい人もいますよね。

そこで便利なのが、GGMMと言うブランドの「Dot3 パワースタンド」というポータブルバッテリー。

Amazon Echo Dotの下にバッテリーを接続することができます。
第3世代用に作られているのでサイズもぴったり。

この商品さえあれば、コンセントに繋がなくても使えるので、場所の制約がなくなります。

部屋を移動する時も、コンセントの抜き差しなしで、そのまま持ち運べばいいだけなので便利だよ!

卓上スタンド

Amazon Echo Dot専用の卓上スタンドです。

スタンドがあれば、Amazon Echoの光が見やすいので、音声操作がしやすいです。
高さも少し高くできますね。

コードも収納できるので、机の上などもスッキリできます。
作りもシンプルです。

壁掛けホルダー

Amazon Echo Dotは本来机などに置いて使うものですが、専用の商品を使うことで壁に設置することができます。

人気なのは上記で紹介したスタンドも販売しているSPORTLINKが販売している壁掛けホルダー。

この商品はコンセントに挿した状態で使え、コードも収納できるので、省スペースで設置できます。

壁に穴をあける必要などもないため、大人気の商品です。

続いて紹介するのは、海外製の壁掛けホルダーです。

こちらは、近くにコンセントがなくても取り付けることができます。

ただし、基本的に穴をあけて使うことを前提に作られているので気をつけてください。

黒と白の2色があります。

最後に紹介するのが平安伸銅工業という日本企業が作っている壁掛けホルダー。

壁に穴をあけて本体を固定するタイプの他、吊り下げタイプも販売しています。
本体は透明1色になります。

Amazon Echo Dotまとめ

Amazonデバイスの「Amazon Echo Dot」について紹介しました。

第3世代でも第4世代でも好きな方を選べばいいと思いますよ。

アレクサの機能自体は新しいものを購入しなくても、アップデートされていくので心配しないでください。

初めてのスマートスピーカーに最適

Amazon Echo Dot 第3世代

Echoシリーズの中で最安値

専用商品が多い

Amazon Echo Dotの最新モデル

Amazon Echo Dot 第4世代

最新モデル

時計付きverがある

あわせて読みたい
【3カ月無料体験キャンペーン中】Amazon Music Unlimitedのプランの種類や料金について徹底解説 音楽が聴き放題できるAmazon Music Unlimitedはどういうサービスなんだろう?お金払う価値はあるのかな? この記事では、Amazonの音楽聴き放題サービス「」について紹介...
あわせて読みたい
【2021年版】Amazonギフト券のチャージ式(Amazonチャージ)の2.5%還元キャンペーン実施中【ポイントを受... Amazonギフト券のキャンペーンが開催中らしいけど、どんなものなのかな?利用できるのであれば、使ってみたい! このような疑問をお持ちの方に、現在Amazonギフト券のチ...
シェアよろしくお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる