「立って作業」で効率化しよう【GoogleやFacebookも実践】



立って作業することで効率的にすることができます。
それは歴史的に見ても、物理的にも「立っている時に集中力が上がる」ようになっているからです。

実際に研究でも解明されており、世界でも有名なGoogleやFacebookでは、実際にオフィスに立ち作業を取り入れています。

立って作業することがなぜいいのか、どういう点で優れているのかを具体的に紹介していきます。

立って作業することが効率的な理由

まず、立って作業することが効率的になる理由を説明していきます。

立っているときに一番脳が働くようにできている

人間の脳は立っている時に脳が一番働くようにできています。
逆に座って作業をすると、脳の活動が悪くなります。

実際に研究でも、15分以上座ることで、集中力と認知力が低下していくことが分かっています。

これは、歴史を振り返ると理解しやすいです。

今のようにスーパーで食料を買えない時代は、食べるために動物などの獲物を自分で捕らないといけませんでした。
獲物が何であれ、座っていては捕れません。

そこで人間は獲物を仕留めるために、槍を使ったり、追いかけていました。
人間はこのときに、最大の集中力を出さないといけませんでした。

集中力を出さなければ、獲物が捕れないばかりか、反撃されて自分も危ない目に遭う可能性もあったからです。

このように歴史的に見て、立っている時に1番集中力を発揮しなければいけなかった。
そして、昔の人の遺伝子を受け継いでいる現代人も同じ様に立っている時に脳が一番動くようにできているのです。

立って作業することで血流がよくなる

立って作業している時、脳は活性化することが研究で解明されています。
具体的には、集中力、認知力、判断力が座っているときよりも格段に上がります。

その一つの原因として「血流」が挙げられます。
座っていると、時間が経つにつれて血行が悪くなります。

座っているだけで、太ももが圧迫されるので、血管が圧迫されている状態になります。

さらに、長時間座っていると姿勢が崩れてきます。
例えば以下のような状態です。

  • 前かがみの状態になって背中が丸くなる
  • 肩肘をつく
  • お尻の場所が前にいって、腰が伸びる
  • 足を組む
このように姿勢が悪くなることで、血行が悪くなります。
血行が悪くなると、脳に行く血流も悪くなります。

その結果、栄養や酸素が十分に届かず、集中力の低下を引き起こしまうのです。

立って作業すると、体重を支えるためにふくらはぎなどの足の筋肉を使うことになります。
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているので、ふくらはぎが刺激されることで、血流もよくなります。

その結果、血流がよくなり、脳も活性化します。

運動不足の解消・体の不調の予防にもなる

立って作業することは、頭をフル回転させて作業のを効率化につながるだけでなく、運動不足の解消にもなります。

まず、立っているだけで筋肉を使います。
姿勢を保つための腹筋や背筋も同時に使うので、いろんな筋肉を自然と鍛えることができるのです。

また、立って作用することで前かがみになることがなくなり、座って作業することでなりやすい肩こりが起らなくなります。

長時間座っていると姿勢が崩れて変な姿勢にならないので、腰痛も防ぐことができます。

立って作業することは軽い運動をしていること同じくらい効果があるので、運動不足の解消や、睡眠が深くなるなどのメリットがあります。

立って作業せずに座る時間が長くなると健康に悪い

座って作業することは効率的でないばかりか、健康にも悪いことが研究で分かっています。
ずっと座っている状態でいることは、寿命が短くなる原因にもなります。

1日6時間以上座っている人は、1日3時間しか座らない人に比べて、15年以内に死亡する確率が40%も上がるという研究結果も出ています。

さらに、座る時間が長い人は、肥満にもなりやすいことも研究でわかっています。

歴史上一番座っている時間が長い現代人

人間は「作物を育てて収穫する」「郵便物を届ける」「隣町に移動する」など立って活動することを長年していました。

しかし、ITや移動手段が発達した結果、ライフスタイルが大きく変化して、立つ時間が極端に短くなりました。

  • 商品はAmazonなどの通販を利用して自宅で買い物
  • 手紙はパソコンやスマホでボタン一つで完了
  • 電車やバス、車などの利用で座って移動
  • IT企業を中心にパソコン作業の増加

座って作業することが多くなったのは、ここ最近のことです。

今現在の人間は今までの人間の歴史の中で、一番座っている時間が長いのは間違いありません。

世界の中でも座る時間が長い日本人

先進国を中心として、座っている時間が長くなっているのは世界共通です。

ですが、その中でも特に日本人は世界的に見ても、座って過ごしている時間が長いです。

世界のIT企業は立って作業するようになっている

世界の中では「仕事や勉強は椅子に座ってするもの」という固定概念が段々なくなってきています。

「立って作業することが効率的」ということが数々の研究により解明されたので、世界中の企業、特にIT企業を中心に会議を立って行ったり、オフィスにスタンディングデスクを導入しています。

GoogleやFacebookでも仕事場にスタンディングデスクが導入されています。

オフィスにスタンディングデスクを導入しない企業であっても、会議だけは立ってするという企業も増えています。
今後、IT企業に限らず、いろんな企業が導入していく流れになると予想されています。

メンタリストのDaiGoも著書「自分を操る超集中力」の中で「人間立って作業するのが一番効率が良い」と書いており、本人も作業をするときは立ってしています。

まとめ:どんな作業も立って作業することでメリットがたくさん

立って作業することがどれだけ効率的で健康にいいか、分かってもらえましたか?

パソコン作業をするときであっても、できるだけ立って作業するようにしましょう。
時間があれば、少し歩いたり、軽くストレッチをすることで、気持ちをリフレッシュでき、集中力を持続できるようになります。

ただ、職場やカフェどで立って作業することが難しい場合もあると思います。
そういう場合には、座っている時はいい姿勢を意識するようにして、小まめに立ちあがるようにしましょう。

先延ばしのデメリットとすぐに行動するための方法

2019年1月23日

集中力を活かす生活モデル

2018年4月27日

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1989年生まれの29歳。留学、ワーホリ、世界一周から帰ってきました。 iSara5thに参加して、現在駆け出しフリーランスとして頑張っています。 旅行が好きで、バックパッカーとしていろんなところに行きました。世界一周の情報をまとめたブログも運営中。
世界一周ライフトラベラー