【SpinidoノートPCスタンドレビュー】パソコン作業で猫背予防をするアイテム

ノートPCスタンドを紹介します。

ノートパソココンで作業を長時間すると、だんだんと姿勢が悪くなります。

肩こりに悩んでいる人、Macbookを使っている人にはオススメのアイテムとなっています。

ノートPCスタンドのおすすめポイント

今回紹介するノートPCスタンドのオススメポイントをまず紹介します。

目線が上がる

ノートPCを机の上に直接置くと、どうしても目線が下がりがちになります。

このため、知らないうちに姿勢がくずれ、猫背になることも多いでしょう。

このPCスタンドを使えば自然と目線が上がるので、猫背になりにくくなります。

猫背にならないことで、肩こり予防になるほか、集中力も持続しやすくなります。

熱がこもらない

普通にノートPCを机に置いて作業をするとテーブルと密着する形になります。

そうすると、ノートPCの熱がうまく放出されずに本体が熱くなりやすいです。

このPCスタンドは下に空間があるので、熱がこもりにくく、本体が熱くなるのを防いでくれます。

収納スペースが増える

PCスタンドで上に持ち上がった分、下にスペースができます。
Macbookを置いているときは見えないので、集中力をそがれません。

パソコン作業しないときはキーボードを下にしまうことで、机もすっきりできます。

また、PCスタンドの後ろはコードをまとめられるように穴が空いているので、配線もスッキリします。

Macbookと色が似合う

このPCスタンドの色はシルバーでMacBookの色ととてもよく似ており、違和感なく使うことができます。

机の上に置いていても違和感がないのは大切です。

PCスタンドのおすすめの使い方

デュアルディスプレイ

PCスタンドがあることで、デュアルディスプレイ環境がより良くなります。

外部モニターと高さが揃えられるからです。

PCスタンドを使わないと、目線が下に行ったり、上に行ったりしないといけませんが、PCスタンドを使うと、目線は左右で動かすだけで大丈夫になります。

外部モニターにも高さの違いはありますが、極端に高い、低いはありません。

実際に僕が購入した外部ディスプレイの「DellのSE2416H」との高さも合っています。

「DellのSE2416H」レビュー!安くてコスパがいいデュアルディスプレイ用モニター!

2018年10月27日

本を置いて勉強

このPCスタンドは、ノートPCを置くために作られていますが、本を置くことでも勉強に役に立ちます。

僕自身は、プログラミングの本をこのPCスタンドに置いて、パソコンをデュアルディスプレイ化して、本に書かれたコードを打っています。

スタンドが斜めになっているおかげで、本も見やすいです。

特に、プログラミングの勉強では効果を発揮します。

ノートPCスタンドを購入する時はワイヤレスキーボードも購入しよう

PCスタンドに置いたままでもタイピングをすることはできますが、座った状態だとかなり打ちづらいです。

このPCスタンドを使うときは、別途ワイヤレスのキーボードを使えばタイピングもしやすくなります。

キーボードは今まで通りできるので、目線を上げたままディスプレイを見て作業をすることができます。

有線のキーボードでも問題ありませんが、机の上をすっきりするという意味では、ワイヤレスのキーボードがおすすめです。

僕はBluetoothキーボードを使っているので、MacbookとキーボードのBluetoothのスイッチをオンにするだけで素早く作業することができます。

キーボードを使わないときはBluetoothをオフにして、スタンド下に片付けています。

キーボードだけでなく、マウスもあればなおさら作業環境は良くなるので、一緒に購入しておきましょう。

【AnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードレビュー】2,000円以下で購入できるBluetoothキーボードでコスパ抜群

2018年11月17日

まとめ:ノートPCスタンドで疲労軽減し、作業効率化

おすすめのPCスタンドを紹介しました。

猫背に悩んでいる人、デュアルディスプレイにしている人は参考にしてみてください。