【AnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードレビュー】2,000円以下で購入できるBluetoothキーボードでコスパ抜群



この記事ではAnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードを紹介します。

名前の通り、とても軽量に作られており、価格も安くコスパのいい商品となっています。

安いBluetoothキーボードを探している人は参考にしてください。

Ankerのウルトラスリムキーボードのおすすめポイント

Bluetoothなので机がすっきり

今回紹介するAnkerの「ウルトラスリムキーボード」はBluetoothで接続できるので、邪魔なコードがまったくありません。

そのため、机がすっきりした状態でパソコン作業をすることができます。

Bluetoothを使ったワイヤレスキーボードでも、USBポートにレシーバーを差し込む必要があるものもあります。
これだと、USBポートが一つ潰れてしまいますが、ウルトラスリムキーボードではパソコン本体とBluetooth接続するため、USBポートを使いません。

本体とBluetooth接続するため、デュアルディスプレイ環境でも活躍します。

デュアルディスプレイのメリットとデメリット

2018年11月3日

シンプルなデザインで持ち運びにも適している

このウルトラスリムキーボードはデザインがシンプルです。
「ウルトラスリム」という名前通り、薄く、軽量化されています。

従来のキーボードの約3分の2の大きさで、重さは約200gとかなり軽いです。

色の選択肢は「白」と「黒」の2つがあります。
デザインはアップルの公式キーボードに似ていますが、値段は全然違います。

キーボードの文字盤が光る機能は付いていません。

2000円以下買えて、コスパがいい

「Bluetoothキーボードで2000円以下」というのは最安値の価格帯になります。
販売会社もAnkerという大手なので品質も安心です。

ただし、タイピング音が少し大きいです。
あくまで「安い」ことに重点を置いているので、タイピングの質にこだわる人には向いていないかもしれません。

iPhone、iPad、Androidのスマホにも使える

このウルトラスリムキーボードはパソコンだけでなく、スマホの文字入力にも使えます。

キーボード自体も軽く、持ち運びに適しているので外出先でもスマホにキーボードを使ってタイピングすることができます。

単四電池2本で動く

キーボードの電源ですが、単4電池2本で動きます。
100均でも単四電池2本は売っているので、安いですよね。

電源はキーボード裏にあるスイッチでオンとオフを切り替えることができます。

Ankerのウルトラスリムキーボードの文字盤は英語配列のみ

このAnkerのウルトラスリムキーボードの文字列はMacの英語配列になっています。

そのため、Windowsのキーボード配列に慣れている人や、日本語配列(JIS)キーボードを使っている人は最初なれるまで苦労するかもしれません。

一応設定では日本語配列にもできます。
なので、ブラインドタッチができる人は問題ありませんね。

まとめ:安いBluetoothキーボードがほしい人におすすめ

AnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードを紹介しました。

デュアルディスプレイにする人、安くBluetoothのキーボードを購入したい人にはオススメのキーボードとなっています。

僕の作業環境を紹介(6万PVブロガー&プログラマー)

2018年11月5日
この記事のタイトルとURLをコピーする
Amazonでお得に買い物
Amazonで海外に行く前に必要なモノを購入されると思いますが、Amazonのギフト券のキャンペーンを利用するとお得です。

このキャンペーンを利用すれば、普通に購入するのに比べて、

  • Amazonギフト券のチャージ金額に合わせてポイントが貯まる(最大2.5%)
  • 5,000円以上のチャージで1,000ポイントがもらえる(初回購入の人のみ)

特に、Amazonプライム会員であれば、ゲットできるポイントの利率が一般会員よりも高くなってお得です。

ぜひこの機会に、キャンペーンを利用して、欲しい物をお得に購入してみてください。

※クレジットカード・電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外なので注意