【AnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードレビュー】2,000円以下で購入できるBluetoothキーボードでコスパ抜群



この記事ではAnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードを紹介します。

名前の通り、とても軽量に作られており、価格も安くコスパのいい商品となっています。

安いBluetoothキーボードを探している人は参考にしてください。

Ankerのウルトラスリムキーボードのおすすめポイント

Bluetoothなので机がすっきり

今回紹介するAnkerの「ウルトラスリムキーボード」はBluetoothで接続できるので、邪魔なコードがまったくありません。

そのため、机がすっきりした状態でパソコン作業をすることができます。

Bluetoothを使ったワイヤレスキーボードでも、USBポートにレシーバーを差し込む必要があるものもあります。
これだと、USBポートが一つ潰れてしまいますが、ウルトラスリムキーボードではパソコン本体とBluetooth接続するため、USBポートを使いません。

本体とBluetooth接続するため、デュアルディスプレイ環境でも活躍します。

デュアルディスプレイのメリット・デメリット

2018年11月3日

シンプルなデザインで持ち運びにも適している

このウルトラスリムキーボードはデザインがシンプルです。
「ウルトラスリム」という名前通り、薄く、軽量化されています。

従来のキーボードの約3分の2の大きさで、重さは約200gとかなり軽いです。

色の選択肢は「白」と「黒」の2つがあります。
デザインはアップルの公式キーボードに似ていますが、値段は全然違います。

キーボードの文字盤が光る機能は付いていません。

2000円以下買えて、コスパがいい

「Bluetoothキーボードで2000円以下」というのは最安値の価格帯になります。
販売会社もAnkerという大手なので品質も安心です。

ただし、タイピング音が少し大きいです。
あくまで「安い」ことに重点を置いているので、タイピングの質にこだわる人には向いていないかもしれません。

iPhone、iPad、Androidのスマホにも使える

このウルトラスリムキーボードはパソコンだけでなく、スマホの文字入力にも使えます。

キーボード自体も軽く、持ち運びに適しているので外出先でもスマホにキーボードを使ってタイピングすることができます。

単四電池2本で動く

キーボードの電源ですが、単4電池2本で動きます。
100均でも単四電池2本は売っているので、安いですよね。

電源はキーボード裏にあるスイッチでオンとオフを切り替えることができます。

Ankerのウルトラスリムキーボードの文字盤は英語配列のみ

このAnkerのウルトラスリムキーボードの文字列はMacの英語配列になっています。

そのため、Windowsのキーボード配列に慣れている人や、日本語配列(JIS)キーボードを使っている人は最初なれるまで苦労するかもしれません。

一応設定では日本語配列にもできます。
なので、ブラインドタッチができる人は問題ありませんね。

まとめ:安いBluetoothキーボードがほしい人におすすめ

AnkerのウルトラスリムBluetoothキーボードを紹介しました。

デュアルディスプレイにする人、安くBluetoothのキーボードを購入したい人にはオススメのキーボードとなっています。

僕の作業環境を紹介(6万PVブロガー&プログラマー)

2018年11月5日

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1989年生まれの29歳。留学、ワーホリ、世界一周から帰ってきました。 iSara5thに参加して、現在駆け出しフリーランスとして頑張っています。 旅行が好きで、バックパッカーとしていろんなところに行きました。世界一周の情報をまとめたブログも運営中。
世界一周ライフトラベラー