【Logicool Bluetoothマウス M336】おすすめのBluetoothマウス



ロジクールが販売しているBluetoothマウス「M336」を紹介します。

ただ、僕が使用しているM336のブルーの後継機が販売されています。

そのため、この記事を読んで「このマウスいいなぁ」と思った方はM337の方を購入することをおすすめします。

Logicool ロジクール Bluetooth マウス M336

今回紹介するのは「LogicoolのBluetoothマウスM336」です。

マウスの製造企業として有名なロジクールのマウスなので、安心です。

僕が使用しているMacだけでなく、WindowsやAndroid、Chrome OSのPCでも使うことができます。

色の選択肢


色は僕が購入したブルーだけではありません。

以下が今回紹介しているシリーズの色の選択肢です。
色によっては最新版のM337になっています。

色の選択肢
  • グレー×ブラック(M336)
  • ブラック(M337)
  • ブルー(M337)
  • ライトグレー×イエロー(M337)
  • ライトグレー×ブラック(M336)
  • レッド(M337)
このように、「グレー×ブラック」と「ライトグレー×ブラック」以外は後継機が販売されています。

Bluetoothで余計なコードがない

このLogicoolの「Bluetoothマウス」は、Bluetooth接続して使う仕様なので、コードを繋いで使う必要がありません。

そのため、机を常にスッキリした状態で作業することができます。

Bluetooth接続のマウスでもPC本体のUSBポートに、マウス用のレシーバーを取り付ける必要があるものもありますが、このマウスは全く必要ありません。

PCとマウスだけでBluetooth接続することができます。

コンパクトで持ち運びに適している

LogicoolのBluetoothマウス」はコンパクトです。

具体的なサイズは次のとおりです。

  • 高さ:100.5mm
  • 幅:61.1mm
  • 奥行き:33.0mm

手にすっぽり入るサイズです。
そのため、外出先へ持ち運ぶときもスペースを圧迫しません。

小さくても、ラバーグリップなので、手にフィットして動かせるので、操作性もいいです。

また、マウス自体の重さは82gと軽量です。
マウスのパワーは単三電池1本で動くので、電池を合わせてもかなり軽いマウスだと言えます。

ロジクールBluetoothマウスM336の使い方

ロジクールBluetoothマウスM336の使い方は簡単です。

マウスの裏面にある電源ボタンをスライドしてオンにします。

そして、初回のみBluetooth接続の設定が必要ですが、一度設定した後は、電源をオンにするだけで、マウスが自動的に接続するようになります。


まとめ:ロジクールBluetoothマウスM336はおすすめ

LogicoolのBluetoothマウス M336」を紹介しました。

コンパクトで、ワイヤレスなマウスで使い勝手もいいのでオススメのマウスです。

最後になりますが、マウスパッドについてです。
マウスはマウスパッドなしでも動きますが、本体や机が傷つくのを防ぐ、動きがスムーズするために、マウスパッドの購入も合わせておすすめします。

ちなみに僕が使っているマウスパッドはサンワサプライの「低反発リストレスト付きマウスパッド MPD-MU1NBL」という商品です。

1,000円以下で安いですし、手首を置く場所があって、個人的には気に入っています。
色もマウスと合わせているので、統一感もあります。

マウスパッドは安いものでもいいので、とりあえず揃えることをおすすめします。

関連記事僕の作業環境を紹介(6万PVブロガー&プログラマー)

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1989年生まれの29歳。留学、ワーホリ、世界一周から帰ってきました。 iSara5thに参加して、現在駆け出しフリーランスとして頑張っています。 旅行が好きで、バックパッカーとしていろんなところに行きました。世界一周の情報をまとめたブログも運営中。
世界一周ライフトラベラー