Ruby on Railsの学習にオススメな本4選

この記事ではRuby on Railsの学習にオススメな本を4つ紹介します。

ネット上にもRuby on Railsの情報はたくさんあります。
ですが、Qiitaなどのサイトには誰でも投稿できるので間違っている情報も混ざっていたりします。

その点、本はちゃんとした知識を持ったプロが書いており、なおかつ知識が体系的にまとまっているので、勉強には最適です。

RubyやRuby on Railsの書籍はたくさんありますが、その中でもおすすめの本を4つ選んでみたので紹介していきます。

Ruby on Railsの本を使って勉強しようとしている人は参考にしてみてください。

プロを目指す人のためのRuby入門

まず1つ目に紹介するのが、「プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで」という本です。

この本はRubyの知識が詰め込まれています。
表紙がさくらんぼなので、「チェリー本」とも呼ばれます。

Ruby on RailsはRubyのフレームワークなのですが、意外とRubyの勉強をしっかりしていない人が多いです。

Rubyを勉強することで、Ruby on Railsを深く理解することができるようになります。

ベースになっているRubyについて詳しく勉強できる本となっています。

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

次に紹介すのが「現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド」です。

この本はRubyよりもRubyのフレームワークである「Ruby on Rails」の学習本となっています。

タスクアプリを作っていきながら、Ruby on Railsの知識を勉強することができます。

本のタイトル通り「現場で使える」ことを意識しており、本の中ではテンプレートエンジンをデフォルトの「ERB」ではなく現場で使われることが多い「SLIM」で書かれています。
他にも、データベースはSQLiteではなくPostgreSQLが使われています。

バージョン管理やチームでの開発フローについても書かれており、勉強になります。

Everyday Rails – RSpecによるRailsテスト入門

「Everyday Rails – RSpecによるRailsテスト入門」はRuby on RailsのテストであるRSpecを学ぶ本です。

Railsチュートリアルではminitestが使われていますが、現場で使われるのが多いのはRSpecです。
そのため、RSpecを自分で学習することはとても意味があります。

この本はもともとは英語で書かれたものですが、上で紹介した「プロを目指す人のためのRuby入門」の著者である伊藤淳一さんが翻訳に携わっています。
ちゃんと知識を持った人が翻訳しているので、日本語訳もわかりやすいです。

本自体はAmazonなどでは売っておらず、海外のサイトを通して購入する必要があります。

購入すると、本のデータをPDFでダウンロードできたり、Kindleで読むことができます。

リンク「Everyday Rails – RSpecによるRailsテスト入門」の購入ページ

リーダブルコード

Ruby on Railsのアプリを1人ではなく、チームで開発していく時、誰が見てもわかりやすいコードを書くということはとても重要です。

リーダブルコードは、わかりやすいコード、綺麗なコードの書き方を学ぶことができる本となっています。

プログラミングの企業に就職すると、最初に読まされる書籍であることも多い本でもあります。

自分で読んでおくと日頃から綺麗なコードを習慣を身につけることができます。

まとめ

Ruby on Railsの学習にオススメな本を4つ紹介しました。
いくつかの本を読みましたが、この4冊が特にオススメです。

これらの本を使って勉強すれば基本的な知識は身につくと思います。
ぜひ手にとって読んでみてください。

プログラミングスクール選びに迷ったら無料体験に参加するのがベストな3つの理由

2018年8月8日

ポテパンキャンプの選考の流れとポイント

2019年2月10日

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1989年生まれの29歳。留学、ワーホリ、世界一周から帰ってきました。 iSara5thに参加して、現在駆け出しフリーランスとして頑張っています。 旅行が好きで、バックパッカーとしていろんなところに行きました。世界一周の情報をまとめたブログも運営中。
世界一周ライフトラベラー