安くてコスパがいいマットレス「アイリスオーヤマのMTRF-S」レビュー

価格面、レビューの高さから購入した布団セットでしたが、敷布団が思った以上に薄かったので、敷布団の下に敷く用にマットレスを購入しました。

安さとレビューを参考にして、アイリスオーヤマのマットレスを購入しました。

安くマットレスを手に入れたい人は参考にしてみてください。

マットレスの種類はたくさんある

マットレスの中でも種類がたくさんあります。

厚さ、素材、柔らかい、硬い、低反発、高反発などの違いがあり、マットレスの種類は様々です。

マットレスを調べて行く中で、評判が高いのは「エアリーマットレス」だとわかりました。

「エアリー」という名前の通り寝心地もよく、カビも生えないそう。

ただし、値段が高いので、今回はパス。

僕が重要視したのは「安さ」。
もちろん安くても、コスパがいいものを選びたかったので、レビューも参考にしました。

アイリスオーヤマのマットレスが安くてレビューも高い

Amazonで調べて見ると、マットレスでも安くて、レビューが高いアイリスオーヤマが販売している「MTRH-S」と「MTRF-S」と「MTRB-S」という商品が見つかりました。

この3つの商品の違いはマットレスの柔らかさ。

「MTRH-S」の硬さは「普通」で、「MTRH-S」の硬さは「固め」、そして「MTRB-S」が前の二つが組み合わせられたものとなっています。

アイリスオーヤマ マットレス 3つ折り 硬質 シングル MTRH-S

参照:Amazonの商品ページ

  • 3つ折り・厚さ4cm
  • 3つ折り・厚さ6cm
  • 6つ折り・厚さ3cm

僕が今回購入したのは、固めの「MTRH-S」です。

一つの商品の中でも、いくつに折れるのかと、マットレスの厚さの違いで種類が分かれています。

このマットレスだと3種類あります。

値段は「3つ折り・厚さ4cm」が1番安く、「6つ折り・厚さ3cm」が次に安く、「3つ折り・厚さ6cm」が1番高くなっています。

アイリスオーヤマ マットレス シングル MTRF-S

参照:Amazonの商品ページ

  • 厚さ4cm・3つ折り(ホワイト)
  • 厚さ6cm・3つ折り(ホワイト、ブラウン、ブラック)
  • 厚さ4cm・6つ折り(ホワイト)

こちらはマットレスの硬さが「普通」となっています。
ただ、レビューを見るとだいぶ柔らかいせいで、ぺちゃんこになると書かれていたので今回は固めを選択しました。

アイリスオーヤマ バランスマットレス シングル MTRB-S

参照:Amazonの商品ページ

  • 厚さ4cm・3つ折り(ホワイト)
  • 厚さ6cm・3つ折り(ホワイト)

このバランスマットは、上記の二つの硬さのどちらもが混ざっています。

商品の上部と下部の硬さが「普通」で、真ん中部分だけ「固め」になっています。

マットレスは無料で配送されてくる

Amazonからアイリスオーヤマのマットレスを購入すると、配送料は無料です。

配送は宅配業者を通して、自宅に届けてくれます。

商品は上が開いた状態のダンボールに包まれています。

注意

マットレスはダンボールにパンパンに入っています。

そのため、マットレスをダンボールから取り出すときに収納ケースを持って、取り出そうとした結果、収納ケースが破ってしまったので、気をつけてください。

マットレスのレビュー

厚さが4cmなので、「厚さは大丈夫かな?」と少し心配していましたが、、十分な厚さでした。

マットレスがあることで、快適に寝ることができます。
普通に触ると固めですが、重さがかかったところだけ沈みます。

ずっとマットレスを敷きっぱなしにしているとカビが生える可能性があるので、定期的に天日干しをするようにしましょう。

まとめ:アイリスオーヤマのマットレスは安くておすすめ

今回紹介したマットレスは大満足でした。
ただし、1年ぐらいするとヘタってくるそうです。

マットレスは買い換えることになっても、折りたたんでしまっておいて、自宅に誰かが泊まりに来た時に簡易ベッドとしても使うことができます。

折りたたんでいる状態でも、簡易ソファーとしても使えそうです。

一人暮らしをしている人で、「安くてコスパがいいマットレスが欲しい」という人にはおすすめのマットレスです。

一人暮らしで安く布団を揃えたいなら「タンスのゲン洗える布団4点セット」がおすすめ

2018年9月23日