検索順位チェックツール「GRC」の無料版から有料版への変更方法【おすすめプランも紹介】



GRCの無料版利用者

GRCの無料版を使っているけど、有料版に変更するべきなのかな?
あんまりお金を払いたくないな。

変更するにしても、どのプランにすれば良いんだろう?

キーワードの順位をチェックするツールである「GRC
」は無料版でも10個まで調べられるので、本当に調べたいキーワードを厳選して、課金せずに使っている人も多いと思います。

ただ、その10個しか調べられないという制限があることで、ほとんどのの人が有料版への切り替えを考えます。

僕自身も今ではブログ収入が安定していますが、ブログを始めてすぐの頃は「できるだけお金を使いたくない」と思い、ずっと無料版を使ってました。

しかし、今なら昔の自分にこう言いたいです。

早く有料版に切り替えるんだ!

なぜなら1年ほど前に思い切って有料版にしたことで、それから検索上位を取れるようになり、ブログ収入が爆上がりしたからです。

これは当たり前の話で、計測できるキーワードの数が大幅に増えることによって、その分検索需要に合った記事を書けるようになるからですね。

この経験を踏まえ、GRC無料版を使っている人は、稼げるようになるために少しでも早く有料版へ切り替えることをおすすめします。

この記事では、

  • 「GRC」の無料版と有料版の違い
  • GRCのおすすめプラン
  • 無料プランから有料プランへの変更方法

を紹介していきます。

記事を読むことで、有料版にすべき理由とどのプランを選ぶべきかがわかり、有料プランへの切り替える方法も理解できるようになります。

GRCの有料版に変更しようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

Mac OSが最新版の「Catalina」の場合は、現在使うことができないので気をつけてください。(2020年5月時点)
Amazonキャンペーン情報

Amazonが提供している音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」が期間限定で90日間無料体験キャンペーンを実施しています。

普段の無料体験期間は30日間なので、3倍の期間無料で楽しむことができるお得なキャンペーンです。

関連記事Amazon Music Unlimitedのプランの種類や料金について解説

「GRC」の無料版と有料版の違い

では、まず「GRC」の無料版と有料版で何が違うのかを簡単に見てみましょう。

結論を言うと、有料版では料金プランによりますが、無料版にある様々な制限が少なくなります。

GRCの無料版は制限がたくさんある

GRCの無料版と有料版の1番大きな違いは「順位計測できるキーワード数」です。
「GRC」の無料版でも10個までのキーワードであれば、有料プランと同じように計測することができます。

ですが、10個という数は少なすぎます。

「1記事1キーワード」だとしても、10記事以上書いている人には足りません。

つまり、無料プランはあくまでGRCのお試しプランということです。

有料プラン

GRCの有料版は以下の料金体系となっています。

見出し(上)ベーシックスタンダードエキスパートプロアルティメット
料金4,500円9,000円13,500円18,000円22,500円
URL数5505005,000無制限
検索語数5005,00050,000500,000無制限
上位追跡5505005,000無制限
リモート閲覧×

すべてのプランは1年間ごとの料金です。

無料版と違って順位計測できるキーワードの数が全然違うのが分かると思います。
1番安いベーシックプランでも、検索語は500個。
無料版の50倍です。

さらに、ベーシックプラン以外は、リモート閲覧機能が使えるようになります。

CSV自動保存機能は「アルティメット」プランだけありますが、普通のブロガーにとって、そこまで必要じゃない機能です。

検索順位チェックツール「GRC」のおすすめプラン

有料版の方が圧倒的に計測できるキーワードの数が多いのがわかってもらえたと思います。

では、「どのライセンスプランがいいのかな」となりますよね。

結論を言うと

  • とりあえず検索順位を知りたいブログ初心者「ベーシック」
  • 「絶対ブログで稼ぐ」という気持ちのブロガー「スタンダード」

のどちらかがおすすめです。

複数サイト運用している専業アフィリエイターだとエキスパート以上がいいですが、ほとんどのブロガーにとっては「ベーシック」か「スタンダード」で十分な数を調べることができます。

簡単に比較すると以下のようになります。

ベーシック
  • 年間:4,500円(月:375円)
  • URL数:5
  • 検索語数:500
  • 上位追跡:5
スタンダード
  • 年間:9,000円(月:750円)
  • URL数:50
  • 検索語数:5,000
  • 上位追跡:50

どちらのプランを選ぶかの判断材料は「検索語数が500個」という点です。

記事1つにキーワードは1つとは限りません。
3語以上のロングテールキーワードなど1つの記事に対して複数のキーワードをチェックするのがほとんどだと思います。

1年の間に累計100記事以上書けそうにないなら「ベーシック」プランでOK。

ブログを1年以上運営している人は記事数も多くなっているので、「スタンダード」プランがおすすめです。

どっちか迷う人は、個人的には「スタンダード」が1番いいと思うよ!

ベーシックとスタンダードだと4,500円の違いがありますが、1ヶ月当たりだと375円しか違いません。

375円なんて外食すれば一食分以下ですよね。

料金としては倍払うことになりますが、検索語数は10倍になるので、スタンダードプランの方がコスパがいいのは間違いありません。

GRCの無料版から有料版への変更方法

では、GRCの無料版から有料版への変更方法を紹介していきます。

GRCのダウンロードが終わってない人は、GRCの公式サイト
から「最新版のGRCをダウンロード」をクリックして、自分のPCにダウンロードしておきましょう。

無料版から有料版への変更の流れ
  • STEP.1
    GRCの公式サイトにアクセスする

    まずはGRCの公式サイトにアクセスします。
    そして、メニューの中の「ライセンス購入」をクリックしましょう。
  • STEP.2
    ライセンスの購入手続きを始める

    ライセンスの購入ページには購入にあたっての注意事項が書かれています。

    ちゃんと読み、1番下にあるボタンをクリックすると、ライセンスの購入手続きが始まります。

  • STEP.3
    ソフトを選択する

    • GRC
    • GRCモバイル
    • GRC-W

    という3つの選択肢があります。

    3つの検索エンジンを同時に検索できる「GRC」が人気です。

  • STEP.4
    プランを選択する

    続いてプランを選択します。
    上記で紹介したように「ベーシック」か「スタンダード」がおすすめです。

  • STEP.5
    個数を入力する

    購入個数を選択します。
    1人分なら「1」のままでOK。

    複数のライセンスを購入するのであれば、必要なだけ個数を増やしましょう。

  • STEP.6
    個人情報を入力する

    購入者の情報を入力します。

    入力するのは

    • 名前(法人の場合は会社名)
    • メールアドレス
    • GRCの料金を振り込む銀行口座の名義

    の3つだけです。

    銀行口座の名義はカタカナで入力してください。

  • STEP.7
    銀行口座に振り込み

    登録したメールアドレスに振込先が書かれたメールが届きます。

    自分の口座からGRCの購入金額を振り込みましょう。
    振込先は「三菱UFJ銀行」で、振込手数料は購入者側が負担しなくてはいけません。

  • STEP.7
    ライセンスキーをGRCに入力する

    GRC側で入金が確認された後、メールでライセンスキーが届きます。

    GRCを開き、メニューバーの「ヘルプ」の「ライセンス登録」からライセンスキーを登録すれば、有料版にアップグレードされます。

GRCの無料版・有料版の違いや変更方法まとめ

GRCの無料版と有料版でどう違うのか、またどう変更するのかを紹介しました。

おすすめプランである「ベーシック」か「スタンダード」であれば、月々にかかる料金は1,000円以下です。

自分が書いた記事のキーワードの順位を正確に知ることで、自分が書いた記事が検索需要に合っているか、間違っているかを知ることができます。

お金を払うことになりますが、間違いなく払った以上の金額は稼げる近道になるので、ぜひ無料版で満足せずに有料版を購入してみてください。

  • 1ヶ月あたり375円〜
この記事のタイトルとURLをコピーする
Amazonでお得に買い物

Amazonを使って、いろんなモノを購入されると思いますが、Amazonのギフト券のキャンペーンを利用するとお得です。

キャンペーンを利用すれば、普通に購入するのに比べて、

  • Amazonギフト券のチャージ金額に合わせてポイントが貯まる(最大2.5%)
  • 5,000円以上のチャージで1,000ポイントがもらえる(初回購入の人のみ)

特に、Amazonプライム会員であれば、ゲットできるポイントの利率が一般会員よりも高くなってお得です。

ぜひこの機会に、キャンペーンを利用して、欲しい物をお得に購入してみてください。

  • クレジットカード・電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外なので注意