無駄な神経を使わないようにブログのコメント欄は閉鎖しよう

コメント欄はブログを読んだ人からの意見や感想をもらうためのものです。

ただ、コメント欄があることによって、逆効果になる場合があります。

コメント欄がいらない理由と、Wordpressでの封鎖方法を説明します。

ブログ欄があるとブログが荒れる可能性がある

コメント欄1ブログ欄は本来「ブログを読んでくれた人」が、「自分が書いた内容に対してどう思ってくれたか」など意見や感想を書き込む場所です。

それにより、ブログを書いた人は、読者の反応を見れたり、知らなかった情報を集めることができます。

ただ、その機能がうまく働かず、逆効果になることがあります。

それは、「批判的なネガティブコメントを書き込まれること」です。

ブログの内容で「ここが間違っている」という軽い指摘などならいいのですが、人を馬鹿にしたり、ブログの存在を否定したりと、人を攻撃するような内容な書き込まれたりした場合はやっかいです。

面と向かって批判するのと違い、ブログのコメント欄には匿名で書き込めるので、気軽に批判的なことを書くことができるので、こういうことが起こることは珍しくありません。

さらに、ネガティブなコメントを見た他の読者も感化され、その人もコメント欄にネガティブな内容を書き込むことにつながる可能性もあります。

そうなれば負のスパイラルが起こり、コメント欄が荒れまくります。

プロブロガーであるイケドハヤトさんもコメント欄を封鎖しています。

リンクまだ「コメント欄」で消耗してるの?

特に社会的なことを書いている文章には批判が集まりやすいです。

その記事に書かれた情報や意見を否定するだけでなく、それを書いた人間のことを否定する人までいます。

批判コメントを書き込む人は、ブログの内容だけでなく、様々なことに対して批判するのが大好きな人たちです。

そこには、「嫉妬」や「妬み」などマイナス感情がこもっています。

そういうのを無視したり、気にしないのが1番ですが、そう簡単にできるものではありません。
だから、コメント欄を消して無駄な神経を使わないようにしましょう。

コメント欄に書き込まれるのは、批判以外だけでなく「宗教の勧誘」などもあるそうです。
記事の邪魔にしかならないですね。

コメント欄をなくすことは、ブログ読者にとってもいい

ブログのコメント欄を封鎖することは、ブログを書く側だけでなく、読者にとってもいい影響があります

ブログを書く人は読者を大切にしないといけません。
それは、わざわざ時間を取って自分たちのブログを読んでくたからです。

そのためにも、ブログは読者が「ためになったなぁ」と感じ、そのまま気持よくブログページから離脱してもらうのが1番です。

ですが、せっかく記事を最後まで読んでくれた人が、すぐ下にあるネガティブなコメントを見たらどんな気分になるでしょう。
ほとんどの人は気分悪くなるはずです。

たとえどんなことでもネガティブな言葉を見れば、嫌な気持ちになるものです。

そのまま嫌な気持ちのままページを抱えたまま離脱するので、ブログ自体に嫌な印象が残る可能性があります

コメント欄の封鎖方法

コメント欄2コメント欄の削除は簡単です。

コメント欄を封鎖するには、「これまでの記事にあるコメント欄を削除」し、「これからの記事のコメント欄のコメント欄を表示させないように設定する」ことをそれぞれ設定しないといけません。

「これからの記事のコメント欄」を封鎖する方法

①管理画面の「設定」の「ディスカッション」を選択します。

②ディスカッションのページに表示される「新しい投稿へのコメントを許可する」のボックスに付いているチェックを外します。

一番下にある「変更を保存」をクリックすれば、完了です。
コメント欄3

「これまでの記事にあるコメント欄」を封鎖する方法

③コメント欄を削除する記事にチェックを入れます。「タイトル」の左上にあるボックスをクリックすれば、そこに表示されている記事の全てのボックスがチェックされます。

④「編集」を選択し、「適用」をクリックします。
コメント欄4
⑤その後に表示される画面の右下にある「コメント」の選択欄で「許可しない」を選択します。

⑥右下にある「更新」をクリックすれば、選択されている記事のコメント欄は削除されます。

記事数が多い人は全ての記事に対して、同じことを繰り返してする必要があります。
コメント欄5

コメント数の表示を消す

コメント欄を封鎖した後は、誰もコメントを書けなくなります。
つまりコメントの数を気にする必要ありません。

管理画面の「投稿一覧」画面の右上にある「表示オプション」をクリックし、「コメント」のボックスのチェックを外し、「適用」を選択しましょう。これで、記事一覧に表示されていたコメント数が表示されなくなります。
コメント欄6

まとめ

コメント欄を封鎖したところで特にマイナスには働きません。

本当に意見や感想を伝えたい人は、ツイッターのフォロワーになったりしてSNSを通してきます。

逆に、批判的なことを書く人からすれば、SNSを通してまでしてすることは億劫なので、批判コメントの数は減ると思います。それに、ツイッターの場合だと、140文字という制限があるので、あまり長い文章は書けません。

無駄な神経を使わないためにも、サクッとコメント欄は封鎖しちゃいましょう。