Googleフォームの作り方・使い方まとめ【埋め込み方法・メール通知設定】

ブログにお問い合わせページを設置してみたいなぁ。

でも、なんか難しそう…

問い合わせページって何か専門的な知識が必要そうで、なかなか手が出しにくいですよね。

そんなブログやサイトにお問い合わせページを作りたいけど、どうやって作ればいいか分からない人には「Googleフォーム」がおすすめです。

Googleフォームを使えば、誰でも簡単に「お問い合わせ」や「アンケート」を作成することができます。

本ブログでもお問い合わせページにGoogleフォームで作ったものを設置しています。

本サイトのお問い合わせページ

この記事では

  1. Googleフォームの作り方
  2. Googleフォームの使い方(メール通知の設定・埋め込み方法)
  3. Googleフォームに送信された回答の確認方法

を紹介していきます。

Googleフォームを使って、ブログを運営している人にとっては役立つ内容になっています。

個人の人がブログやサイトにGoogleフォームを使って見たい人を想定しています。

この記事はブログ歴5年のアッキーが書いています。

Googleフォームの作り方

まずGoogleフォームを作り方を紹介していきます。
誰でも簡単に作成できます。

質問事項を増やす分だけ作成時間は長くなりますが、シンプルなものであれば5分もあれば作ることができます。

タイトル
  • STEP.1
    Googleフォームの作成を開始する
  • STEP.2
    入力フォームの基本情報を入力する
  • STEP.3
    入力項目を設定する
  • STEP.4
    入力フォームのカスタマイズをする

Googleフォームの作成を開始する

まずはGoogleフォームの公式ページにアクセスします。

公式Googleフォーム

個人であれば、「パーソナル」の「Googleフォームを使ってみる」を選びます。

新しいフォームを作成のところには

  • 空白
  • 連絡先情報
  • イベント出欠確認
  • パーティー招待状

などGoogleが用意しているテンプレートがいくつか用意されています。
「テンプレートギャラリー」を選択すると、たくさんの種類が表示されます。

自分が使いたいテンプレートがあるなら、そこから選んでもいいですが、この記事では全て自分の作りたいものを作るために選びません。

ということで、「空白」を選びましょう。
Googleフォームの新規作成画面が表示されます。

入力フォームの基本情報を入力する

「質問」と「回答」に分かれていますが、まずは入力フォームを作成するために「質問」の方を設定していきます。

左上に「無題のフォーム」と表示されますが、ここは、自分のGoogleフォームの管理画面に表示される名前なので、自分だけが分かる名前に変更しましょう。

フォームの中央に表示されている「無題のフォーム」は、問い合わせページの上部に表示されます。

この場所は回答者が見るので、「お問い合わせ」や「アンケート」などと、何のためのフォームなのかを入力しましょう。

「フォームの説明」の場所は、簡単な挨拶やこのGoogleフォームについての説明を入力することができます。

フォームの説明は空白でも問題ないよ。書くなら短い文章で!

入力項目を設定する

つづいて、相手に入力してもらう入力項目を設定します。

add_circle_outlineボタンを押して項目を追加します。

入力項目は以下のものを選択できます。

タイプ種類用途
文章記述式長文回答
段落短文回答
選択ラジオボタン単一選択
チェックボックス複数選択
プルダウン単一選択(選択肢がスクロール式)
添付ファイルbackup ファイルのアップロードファイルの添付
似たく均等目盛2つの項目を設定し程度を測る
選択式(グリッド)2択の質問(単一回答)
チェックボックス(グリッド)2択の質問(両方選択OK)
日時の入力日付日付の入力
時刻時間の入力

content_copy コピーボタンを押すと、全く同じものが下に新規作成されます。

ゴミ箱ボタンを押すと、その項目が削除されます。

添付ファイルについて

Googleフォームの添付ファイル設定添付ファイルの質問項目を追加すると、回答者はGoogleへのログインが必須になります。

また、回答者からアップロードされるファイルはこちらのGoogleドライブに保存されます。多数の人が回答する場合は「ファイル形式」「ファイルの数」「ファイルサイズ」をちゃんと設定するようにしましょう。

項目はいくつでも自由に設定できますが、以下の4つの項目は入れることをおすすめします。

  • お名前
  • メールアドレス
  • 件名
  • メッセージ本文

問い合わせ内容など一言で終わらないような項目は「段落(長文回答)」を設定しよう!

絶対に入力してほしい項目には、「必須」のところを「オン」にしておきましょう。

例えば、問い合わせのメールアドレスを必須にしていないと、相手が入力をし忘れると、こちらから連絡することができなくなります。

必須をオンにしている入力項目が空白のまま送信された場合、エラーが表示されます。

入力フォームのカスタマイズをする

入力項目を設定したら、色などのテーマをカスタマイズしましょう。

画面上部にあるpalette(パレットのマーク)を押すと、テーマオプションというボックスが表示され

  • ヘッダー
  • テーマの色
  • 背景色
  • フォントスタイル

という4つの項目をカスタマイズすることができます。

「ヘッダー」という場所は、Googleフォームの上部に表示される画像を選択が可能です。

Googleが用意している画像でも、自分が持っている画像でも使うことができます。
画像は横長に伸ばされるので、サイズだけ考えましょう。

ヘッダーの画像は選択しなくてもかまいません。

「テーマの色」では、Googleフォームの基本色を設定することができます。

Googleフォームでは12色が用意されていますが、+マークを押して、カラーコードを入力すれば12色以外の好きな色を設定できます。

「背景色」では、Googleフォームの背景色を決めることができます。
背景色は「テーマの色」で選んだ色に左右されます。

フォントスタイルでは、文字のフォントを

  • ベーシック
  • デコラティブ
  • フォーマル
  • プレイフル

の4種類から選択できます。

特にこだわりがないのであれば無難なベーシックがおすすめです。

最後に「適用」ボタンを押せば、自分のGoogleフォームに反映されます。

Googleフォームの使い方

Googleフォームを作成した後にどうやって使うのかを説明します。

ここでは

  • Googleフォームが送信された時にメール通知する
  • Googleフォームをブログに埋め込む

という2点の方法を紹介します。

Googleフォームが送信された時にメール通知する設定

Googleフォームのメール通知設置Googleフォームの作成が終わったら、メール通知設定をしましょう。

Googleフォームの初期設定では、誰かがGoogleフォームで問い合わせをしても、こちらでGoogleフォームの管理画面をチェックしない限り気づくことができません。

これだと、相手側からしたら問い合わせをしたのに「無視されている」と感じ、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

そこで、Googleフォームに入力され、送信されたら、自分に通知されるように設定をしましょう。

まず、Googleフォーム作成画面の「回答」に移動します。

そして、「(3つの丸が並んでいるボタン)」をクリックした後、「新しい回答についてのメール通知を受け取る」をクリックします。
チェックマークが付いたら、設定完了です。

ここにチェックマークが付くと、Googleフォームを作成しているアカウントのGメールのアドレス宛に通知が来るように設定されます。

Googleフォームをブログに埋め込む

Googleフォームの埋め込みGoogleフォームができて、メール通知設定も終わったら、自分のブログやサイトに埋め込みましょう。

send(紙飛行機マーク)」の「送信」ボタンを押します。

Googleフォームの共有方法は以下の5種類です。

  • :メールで共有
  • link:リンクで共有
  • code:コードを埋め込んで共有
  • :フェイスブックで共有
  • :Twitterで共有

code(コードマーク)」を押すと、HTMLタグが出力されます。
コードを問い合わせページに貼り付けましょう。

お問い合わせページは「投稿ページ」より「固定ページ」で作成することをおすすめします。

ここで大きさを揃えておきましょう。

短すぎると、スクロールする必要がでてきますし、長すぎると、無駄な余白ができてしまいます。
質問内容の数に合わせて長さを調節してみてください。

最後に自分でGoogleフォームに回答してみて、ちゃんとお知らせが来るかチェックしましょう。

Googleフォームに送信された回答の確認方法

Googleフォームに送信された回答の確認方法最後にGoogleフォームに入力された回答の確認方法を紹介します。

上記で紹介したメール通知設定をしていた場合、Googleフォームに回答が入力され、送信された場合、登録しているメールアドレス宛に【フォーム「お問い合わせ」に新しい回答があります。】というメールが送られてきます。

入力された回答を確認するには、まず該当のメールを開封し、本文にある「概要を表示」というボタンを押しましょう。

Googleフォームの作り方と使い方まとめ

Googleフォームの作成方法から、メール通知設定、コードの埋め込みまで解説しました。

Googleフォームは簡単に作成できて、すぐに設置できるのでおすすめです。

ぜひ記事を参考に、自分のブログにGoogleフォームを設置してみてください。

画像の圧縮ツールは「ImageOptim」がオススメ【無料で使えて容量無制限】

2019年4月23日
記事のタイトルとURLをコピーする
Amazonでお得に買い物

Amazonを使って、いろんなモノを購入されると思いますが、Amazonのギフト券(チャージ式)のキャンペーンを利用するとお得です。

現在開催されているのはチャージ金額に合わせて最大2.5%ポイントが還元されるキャンペーン

さらに、Amazonプライム会員であれば、ゲットできるポイントの利率が一般会員よりも高くなってお得です!

ぜひこの機会に、キャンペーンを利用して、欲しい物をお得に購入してみてください。

  • クレジットカード・電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外
ギフト券の有効期限は10年なので、急いで使い切る必要はなし! 多めにチャージしておいて損はないね!