画像の圧縮ツールは「ImageOptim」がオススメ【無料で使えて容量無制限】



この記事では、画像の圧縮ツールである「ImageOptim(イメージオプティム)」を紹介します。

画像の圧縮は、ページの表示速度を上げるために必要不可欠ですよね。

ブログの表示速度を上げるために、画像の圧縮をしたいなぁ。

でも、画像の圧縮ツールは無料のものだと、枚数制限があったり使いにくい…

無料で、なおかつ一度にいろんなファイル形式のものを圧縮できるツールはないかな?

このように、画像の圧縮にお金をかけたくない、手間を減らしたいと言う人にオススメなのが「ImageOptim」です。

Macのみの対応ですが、ImageOptimを使えば、無料で、なおかつ違ったファイル形式の画像も無制限に圧縮することができます。

ダウンロード方法から、使い方まで解説していくので、無料で使える画像圧縮ツールを探している人は参考にしてください。

画像の圧縮にImageOptimがオススメの理由

圧縮できるファイル形式が多い

「ImageOptim」をオススメな理由として上げられるのが、3つのファイル形式の圧縮に対応しているということです。

JPEG形式の圧縮サービスは「JPEGmini」が有名ですが、JPEGminiで圧縮できるのはJPEGのみ。

PNGの圧縮ツールだとPNGminiやTinyPNGですが、こちらも圧縮できるのはPNGのみ。

そのため、画像のファイル形式によって使い分ける必要があります。

その点「ImageOptim」は圧縮できるファイル形式が3つも対応しています。

  • JPEG
  • PNG
  • GIF

JPEGminiやTinyPingだと圧縮できるファイル形式が決まっているので、ファイル形式ごとに圧縮する必要がありますが、「ImageOptim」ならこれら3つのファイル形式のものを一度に圧縮することができます。

一度に圧縮することができれば、圧縮する手間と時間を大幅に短縮することができます。

無料で無制限で圧縮できる

JPEGminiは無料では1枚ずつしか圧縮することができません。
しかも、無料で圧縮できるのは1日20枚と決まっています。

TinyPNGも一度に圧縮できるのは同時に20枚まで。

その点、「ImageOptim」は無料で、一度に圧縮できる枚数は容量無制限
1日の限度枚数などもありません。

画像圧縮ツール「ImageOptim」のインストール方法

まずは公式サイトにアクセスします。

リンクImageOptimの公式サイト

トップページに表示される「Download fore Free」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードされたものは拡張子がtbz2となっています。
圧縮されているので、クリックして解凍します。

画像圧縮ツール「ImageOptim」の使い方

解凍されたら、「ImageOptim」のアイコンをクリックしましょう。

初回のみ「”ImageOptim”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいでしょうか?」とでますが、「開く」を選択します。

ImageOptimが開いたら、そこに圧縮したい画像をドラッグ&ドロップするだけ!
これだけで画像の圧縮が始まります。

圧縮が終わったものは緑のチェックマークがついていくので、進行状況がわかりやすいです。

全ての画像の圧縮が完了すると、くるくる回っていたものが止まります。

圧縮されたものは、特定のファイルなどに保存されずに、もともとあった場所保存済み。

圧縮前の画像は自動的にゴミ箱に入っています。

まとめ:画像の圧縮ツールなら「ImageOptim」

無料で使える画像圧縮ツール「ImageOptim」を紹介しました。

ブログの記事内で使う画像はPNGよりJPEFG形式のものの方がおすすめです。
Macに標準搭載されている機能を使えば一度に変換することもできます。

PNGからJPEGへ一括変換する方法【Mac限定】

2019年4月21日

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1989年生まれの29歳。留学、ワーホリ、世界一周から帰ってきました。 iSara5thに参加して、現在駆け出しフリーランスとして頑張っています。 旅行が好きで、バックパッカーとしていろんなところに行きました。世界一周の情報をまとめたブログも運営中。
世界一周ライフトラベラー