WordPressのリダイレクト設定ができる「Redirection」の使い方【プラグインで簡単】

WordPressでリダイレクトの設定ってどうやってするんだろう?

簡単にできる方法があれば知りたいなぁ。

この記事では、WordPressのリダイレクト設定について解説します。

記事内では誰でも簡単にリダイレクトするように設定「Redirection」というプラグインを使った方法を具体的に紹介します。

リダイレクトの設定をすることで、読者にもSEOにもいい影響がありますよ。

逆にちゃんと設定していないと、ブログにとってマイナスなことが起こります。

WordPressでリダイレクトの設定をしたい人は参考にしてみてください。

この記事はフリーランスエンジニアの著者が書いています。

WordPressでリダイレクト設定をする必要性

記事やサイトごと移転した時に、移転元のサイトから移転先のサイトにリダイレクトするように設定しておきましょう。

検索結果に表示されなくなっても、ブックマークや誰かのブログにリンクが貼られていたりして、そこからアクセスされる場合があります。

そのアクセスがあったときに、リダイレクト設定をしていないと

  • ユーザー
  • SEO

の2つにとっても悪影響があります。

リダイレクトしないと読者が困る

移転元の記事をすでに削除してしまっている場合、記事を読みに来た読者が「ページが見つかりません」というページを見ることになってしまいます。

これだと、「やっと情報が手に入る」と思った読者ががっかりし、他のページを探す手間がかかります。

リダイレクトの設定をすると、移転元の記事にアクセスされた時に、自動的に移転先のページに転送されるようになります。

そのため、記事を読みに来た読者はストレスを感じずに移転先のページにたどり着き、必要な情報を得ることができます。

リダイレクトしないとSEO的に悪い

移転先のサイトで記事を公開しても、「新しく公開された記事」と認識され、SEO評価は0から始まります。

さらに0から始まるため、インデックスされて、ページの評価が付くまでに時間がかかります。

しかし、リダイレクト設定をすることで、移転する前のページに対するSEO評価を引き継げることができます。

なので、記事を移転する際は、リダイレクト設定をちゃんとして、SEOの評価を引き継ぐようにしましょう。
リダイレクト設定をすることで、移転先の記事にアクセスが集まりやすくなります。

WordPressでリダイレクト設定

WordPressでリダイレクトの設定する方法は以下の2つです。

  1. .htaccessを変更する
  2. リダイレクトができるプラグインを使う

.htaccessを変更する【難しい】

WordPressでリダイレクト設定をする方法の1つ目は「.htaccessファイル」を編集する方法です。

ただ、「.htaccessファイル」の編集は、FTPソフトを使って、サーバーにアクセスした上で「.htaccessファイル」を編集する必要があります。

コードに慣れていない人が触るのには、難しい上に、コードを書き間違えると、ページが表示されなくなるなどの不具合が起きる可能性があります。

調べながらやると時間もかかるので、詳しくない人は「.htaccessファイル」を書き換える方法はオススメしません。

リダイレクトができるプラグインを使う【簡単】

「.htaccessファイル」を書き換えなくても、WordPressのリダイレクト設定ができるプラグインを使えば、誰でも簡単にリダイレクト設定をすることができます。

WordPressでリダイレクト設定ができるプラグインはいくつかありますが、人気なのが以下の2つです。

  • Redirection
  • Simple 301 Redirects

どちらのプラグインを使ってもいいですが、「Redirection」の方がインストール数も多く、評価が高いです。

また、アップデートが頻繁に行われているため、この記事では「Redirection」を使ってリダイレクトの設定方法を紹介します。

プラグイン「Redirection」の使い方(リダイレクト設定方法)

プラグイン「Redirection」のリダイレクト設定方法は以下の流れで行います。

  1. インストールする(初回のみ)
  2. 初期設定をする(初回のみ)
  3. グループの設定をする
  4. リダイレクトの設定をする

インストールする

WordPressの管理画面から、「プラグイン」の「新規追加」を開きます。

そして、プラグインの検索バーに「Redirection」と入力。

「Redirection」が表示されたら、「インスール」をクリックします。
インストールが完了したら、有効化しましょう。

初期設定をする

「Redirection」を有効化した後は、「ツール」から「Redirection」を選択します。
そして、初めて使う場合のみ初期設定をする必要があります。

まず表示されるページには、Redirectionについて説明が書かれています。
初期設定をするためには、「セットアップを開始」をクリックしましょう。

「基本セットアップ」のページでは

  • WordPress の投稿と固定ページのパーマリンクの変更を監視
  • すべてのリダイレクトと 404 エラーのログを保存する

の上2つのみチェックを入れて、「セットアップを続行」をクリックします。

「セットアップを完了」を押します。

プログレスバーが100%になった後に「完了」をクリックすれば、Redirectionが使えるようになります。

グループの設定をする

管理画面の「ツール」の「Redirection」を選択して、Redirectionの設定画面にアクセスします。

Redirectionを使ったリダイレクトの設定には「グループ」を設定する必要があります。

ただグループは、リダイレクトの「名前」で管理するだけなので、特にグループ分けにこだわる必要はありません。

Redirectionにはもともと

  • 編集済みの投稿
  • 転送ルール

というグループが用意されているので、この2つのどちらかを使えばOKです。

グループ分けしたい人は、「グループを追加」からグループを新規作成することができます。

名称を自分のつけたいグループ名にし、「add」をクリックすれば新しくグループが作成されます。
「WordPress」となっているところは変更する必要はないです。

リダイレクトの設定をする

まず、「転送ルール」のページに移動し、「新規追加」をクリックします。

ソースURLに移転元のURLを入力。
そして、ターゲットURLに移転先のURLを入力します。

そして、グループを選択します。
他の場所は初期設定のままで大丈夫です。

「転送ルールを追加」をクリックすれば、リダイレクトの設定が完了します。
転送ルールのところに先ほど追加したものが表示されます。
上のURLは移転元で、下のURLは移転先のURLです。

上のURLをクリックして、ちゃんとリダイレクトされているか確認することもできるので、一度確認しておきましょう。

リダイレクトの種類は301にしよう!

転送ルールの「タイプ」というところに「301」と表示されていますが、これはリダイレクトの種類を表しています。

リダイレクトの種類は301の他に302、307、308などいくつかあります。

Redirectionでは、SEOの評価を受け継ぐことができる、「301リダイレクト」が自動的に設定されます。

301リダイレクトは、「記事が永久に移転しました」ということを検索エンジンに伝えることで、移転前の記事の情報が、移転先の記事に引き継がれるようになります。

プラグイン「Redirection」を使ったWordPressのリダイレクト設定方法まとめ

リダイレクトの重要性と、プラグイン「Redirection」を使ったリダイレクトの設定方法について解説しました。

「Redirection」を使えば、ミスすることなく、誰でも簡単にリダイレクトの設定ができます。

ユーザーのためにも、SEOのためにもちゃんとリダイレクトの設定をしておきましょう。

インデックス済み記事のURLを検索結果から削除する2つの方法

2019年6月9日

【WordPressの勉強方法】初心者から稼げるレベルまでになろう

2019年12月11日
記事のタイトルとURLをコピーする
Amazonでお得に買い物

Amazonを使って、いろんなモノを購入されると思いますが、Amazonのギフト券(チャージ式)のキャンペーンを利用するとお得です。

現在開催されているのはチャージ金額に合わせて最大2.5%ポイントが還元されるキャンペーン

さらに、Amazonプライム会員であれば、ゲットできるポイントの利率が一般会員よりも高くなってお得です!

ぜひこの機会に、キャンペーンを利用して、欲しい物をお得に購入してみてください。

  • クレジットカード・電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外
ギフト券の有効期限は10年なので、急いで使い切る必要はなし! 多めにチャージしておいて損はないね!