アドセンスの「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。」警告の解決方法【3ステップで簡単】

アドセンスのページに「ads.txt」ってエラーが出た…
どうすればいいんだろう?

この記事では、アドセンスのads.txtについての警告文の解決方法について解説していきます。

2019年6月よりアドセンスのページに「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」と表示されるようになりました。

「収益に重大な影響」と書かれていると、不安になりますよね。

そこで、この記事では、そのads.txtの警告文が消える対策を3のステップに分けて説明していきます。

10分もあればできることなので、「アドセンスのads.txtの警告を消したいなぁ」と考えている人は、この記事を参考にしてすぐに対策してみてください。

エックスサーバーを使っている人は、より簡単な方法も解説しています。

目次

アドセンスの「ads.txtファイル」の警告文の解決方法

アドセンスのページで表示されている「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」という警告文は、正しく対策をしない限り自然に消えることはありません。

ですが、やることは大きく分けると3つ。

  1. アドセンスのサイト運営者IDを確認する
  2. ads.txtを作成する
  3. 作成したads.txtをサーバーにアップロードする

難しいことではないので、10分ぐらいで完了します。

今回の方法で警告文の対策は終わりますが、警告文が消えるまで2日〜1週間ほどかかります。

エックスサーバーでは、サーバーパネルの「ads.txt設定」から簡単に設定することができます。

アドセンスのサイト運営者IDを確認する

ads.txt ファイルの表示の削除なのですが、アドセンスのページにログインし、サイトバーの「アカウント」→「アカウント情報」にアクセスしてください。

1番上に表示されているサイト運営者IDの「pub- ○○○○○」の箇所の数字が必要なので、コピーしておきます。

ads.txtを作成する

まずはads.txtファイルを作成します。

Macの場合は、標準で入っている「テキストエディット」というアプリを使います。

「新規作成」で新しくファイルを作成します。

ads.txtに記述する内容

テキストエディターに以下のコードをコピーして貼り付けてください。

google.com, pub-○○○○○○○○○○○○○○○, DIRECT, f08c47fec0942fa0

そして、「pub-○○○○○○○○○○○○○○○」となっているところを、自分のアドセンスの管理者IDに変更してください。
コピーする際に、余計な空白を入れないように気をつけましょう。

ads.txtの保存方法

保存する前にテキストエディットのデフォルト設定だと「リッチテキスト」になっているので、「標準テキスト」に変更する必要があります。

テキストエディットのメニューバーの「フォーマット」の「標準テキストにする」を選択してください。

「標準テキストに変更しますか?」と表示されるので「OK」を選択します。

標準テキストに変更した後はファイルを保存します。

Macだと「command + S」で保存できます。

ファイル名は「ads.txt」にして保存します。

保存先はどこでもいいのですが、デスクトップだと見やすいのでオススメです。

ads.txtをサーバーにアップロードする

ads.txtを作成したので、続いてはads.txtを自分のサーバーにアップロードします。

アップロードする方法は2つ。

  1. FTPでアップロード
  2. ファイルマネージャーでアップロード

どちらの方法でも、結果は変わりません。

FTPの使い方を知っている人は、ブラウザでログインする必要がないのでFTPの方が早いです。

「FTPって何?」って人は、わざわざFTPソフトをダウンロードして設定する必要はありません。

この記事ではエックスサーバーの画面で説明していきます。

FTPでアップロード

最初にFTPソフトを通してアップロードするやり方を説明します。

まず自分のサーバーに接続して、自分のブログのドメイン名を選択します。

そして、ドメイン名のファイル直下のpublic_htmlを開きます。

先ほど作成したads.txtpublic_html内にアップロードすれば完了です。

ファイルマネージャーでアップロード

エックスサーバーだと、ファイルマネージャを使います。

自分のブログのフォルダの中のpublic_htmlを開いてください。

右上のパスというところが「ドメイン名/public_html」となっていればOKです。

public_html内容が表示されている右側のファイルのアップロードの「ファイルを選択」をクリックし、作成したads.txtを選択。

「ファイルを選択」の横にads.txtと表示されたら、「アップロード」をクリックします。

左側にads.txtと表示されたら完了です。

アドセンスのads.txtが正常にアップロードされたかの確認方法

アップロードが終わったら、「自分のブログURL/ads.txt」でGoogle検索してください。

このブログの場合だと「https://akihiko-s.com/ads.txt」となります。

作成したads.txtが問題なくアップロードされていれば、ads.txt内に書いたものが表示されます。

あとは、ブログにクローラーが来て、ads.txtファイルを認識し、警告文の表示が消えるまで待つだけです。

表示が消えるまでの期間はサイトによって違い、1日後〜1週間ぐらいで反映されるよ!

アドセンスのads.txtファイルの警告文の解決方法(エックスサーバーの場合)

ブログをエックスサーバーで運営している人は、より簡単に解決することができます。

次の4ステップだけで、全て完了します。

STEP
エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

まずブログを運営しているエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

STEP
「ads.txt設定」を選択

サーバーパネル内で表示される「ホームページ」の項目の中にある「ads.txt設定」をクリック。

STEP
必要事項を入力

次に、「ads.txt設定追加」をクリック。

そして、以下の通り必要事項を入力します。

広告システム「google.com」と入力
サイト運営者ID上記で紹介した「pub-」から始まるコードを入力
契約種別サイト運営者IDで指定したアカウントを直接管理している場合は「DIRECT」。 直接管理していない場合は「RESELLER」を選択。
認証機関ID「f08c47fec0942fa0」を入力

全ての入力が終われば「確認画面へ進む」をクリック。

STEP
「追加する」ボタンを押して作業を完了させる

入力した項目が表示されるので、問題がなければ「追加する」ボタンをクリック。

「認定済みデジタル販売者の追加が完了しました。」が表示されたら完了です。
「ads.txt設定一覧」に追加されます。

アドセンスのads.txtファイルの警告文の解決方法まとめ

アドセンスの「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。」の解決方法はads.txtファイルを作成して、ブログを運営しているサーバーにアップロードすればOKということは分かってもらえたでしょうか。

やることは簡単なので、ぜひ自分でやってみてください。

もしも、記事を読んでも「できそうにないな」「失敗したくないな」という人は、「ココナラ」にてお手伝いします。

WordPressのカスタマイズを行います 小さなものからでもどうぞ【3000円からカスタマイズ】

アドセンス関連のおすすめ本

あわせて読みたい
【30日間無料】AmazonのKindle Unlimitedがおすすめの理由とキャンペーン情報まとめ Kindle Unlimitedってどういうサービスなんだろう?本を読むのは好きだけど、お金を払う価値はあるのかな? この記事では、Amazonの電子書籍読み放題サービスについて紹...
あわせて読みたい
ブログアフィリエイトするなら登録必須のおすすめASP9選【2021年版】 ASPはたくさんあるけど、どのASPに登録すればいいんだろう? この記事では、ブログで稼ぐために登録しておきたいASPを9つ紹介します。 9つ紹介しますが、できれば、全部...
あわせて読みたい
WordPressブログ運営に役立つツールまとめ【無料・有料】 この記事では、WordPressブログ運営に役立つツールを紹介していきます。 有料のものもありますが、ほとんどのものは無料で使えるので、ぜひ使ってみてください。 大きく...
あわせて読みたい
【2021年版】Amazonギフト券のチャージ式(Amazonチャージ)の2.5%還元キャンペーン実施中【ポイントを受... このような疑問をお持ちの方に、現在Amazonギフト券のチャージ式(Amazonチャージ)の期間限定キャンペーンを紹介します。 開催されているキャンペーンはチャージ金額に合...
シェアよろしくお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる