勉強・作業の間食はナッツがおすすめ【集中力アップ&太らない】



勉強してる時や、何らかの作業をしている時にお腹が空いて、「何か食べようかなー」となることは多いと思います。

勉強の合間に間食を食べることはいいことです。
脳はブドウ糖がないと働きませんからね。

ただ、勉強の間食がいいといっても、間食にふさわしいもの、ふさわしくないものがあります。

この記事では、「ナッツこそ間食にふさわしい」ことをお伝えしようと思います。

勉強や作業の間食にナッツがおすすめな理由と、僕が購入しているナッツ商品を紹介します。

勉強の間食にナッツがおすすめの理由

ブドウ糖が不足すると、思考力や集中力が低下するから間食がいいと言っても、食べたことによって、集中力を落としたりするものは逆効果になるのでダメですよね。

また、勉強の合間に食べるものなので、あまり手間がかからず、さっと食べれるものがいいです。

それらの点を満たしているのがナッツです。
間食としてナッツをおすすめする理由を説明していきます。

低GI食品なので、集中力を持続できる

まず間食としてナッツをおすすめする理由は「ナッツ類は低GI食品」だからです。

このGIとはグリセミック指数(Glycemic Index)の略で、食事をして2時間後の血糖値の上昇度合いを表す指標のことです。

人間は食事をすると、血糖値が上がります。
血糖値が上がった状態では脳がよく働き、血糖値が下がった状態だと集中力が落ちます。

ただ、血糖値が上がればいいというものではありません。
重要なのは「血糖値の上昇度合い」です。

血糖値の上昇が激しいほど、血糖値の下降も激しくなります。
血糖値が急激に下降するとき、人間の集中力は低下し、ぼ~としやすくなります。

そのため、血糖値の上昇もゆるやかで、下降もゆるやかなものが間食にふさわしいということになります。

そして、ナッツこそ低GI食品であり、食後の血糖値の上昇がおだやかなため、集中力が持続しやすいです。

集中力にいい栄養素がたくさん含んでいる

ナッツの中には次のような栄養素が豊富に含まれています。

  • オメガ3脂肪酸
  • オメガ6脂肪酸
  • 亜鉛
  • 葉酸
  • ビタミンE
  • ビタミンB6

これらの栄養素は集中力や思考力をアップさせる作用を持っています。

また、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸には抗うつ効果があるので、勉強中に不安になりにくいです。

ナッツ類は、よく噛んで食べる必要があります。
この「噛む」という行為は、脳に血流を増やし、集中力アップ効果もあります。

よく海外の野球選手が試合中にガムを噛んでいるのも同じ理由です。

カロリーが低いので太らない

ナッツ類は炭水化物の量が少なく、タンパク質を多く含んでいます。
また、ナッツはお腹持ちがいいので、少し食べるだけで満腹感があります。

特にダイエット中の女性には嬉しいですよね。

勉強の間食としてのナッツは大容量のものを買うのがおすすめ

ナッツ類が勉強の間食として優れていることは分かってもらえたと思います。
でも、スーパーなのでナッツを見ると意外と高いです。

そこでおすすめなのが、ネットを通して大容量のナッツを購入すること。

僕がよく購入しているのは、「3種プレミアムミックスナッツ1kg」という商品です。
こちらは1kgの大容量で約2,000円です。

含まれているナッツの種類と割合は、生くるみが40%、アーモンドも40%、そしてカシューナッツが20%となっています。

同じ会社が出しているアーモンドのみの商品だと500g減りますが、500円ほど安く購入することもできます。

Amazonでみると大容量ナッツだと「無添加ミックスナッツ 1kg (くるみ,アーモンド,カシューナッツ) 食塩、オイル使用無し」という商品も人気です。

勉強の間食の食べ過ぎを防ぐ小分けナッツもおすすめ

上で紹介した大容量ナッツは食べ過ぎることもあります。
いくらナッツがいいと言っても食べ過ぎはよくありません。

そこで良いのが「小分け」。
小分けになっているので食べすぎることもありません。

一つの袋に全て同じ割合で入っているので、1つの種類のナッツに偏ることもなく、バランスよくナッツが食べれます。

1つごとのパックは小さいので、持ち運びにも適しています。
家ではなく、外出先で食べたい人はこちらがおすすめです。

3種類のナッツのものと4種類のナッツのものがあります。

3種類の小分けナッツ


内容量
  • 40%:生くるみ
  • 40%:アーモンド
  • 20%:カシューナッツ

こちらは、35gのパックが30袋入っています。

大容量ナッツとして紹介したものが小分けになったもので、入っているナッツの割合も同じです。

created by Rinker
Daily Nuts & Fruits(デイリーナッツアンドフルーツ)

4種類の小分けナッツ


内容量
  • 33%:生くるみ
  • 38%:アーモンド
  • 18%:カシューナッツ
  • 11%:生マカダミア
こちらは上の商品に「生マカデミア」を加え4種類になったミックスナッツです。

こちらも35gのパックが30袋と内容量は同じですが、ナッツの割合が違ってきます。
生マカダミアが入ったため、その他のナッツの割合が減っています。

created by Rinker
Daily Nuts & Fruits(デイリーナッツアンドフルーツ)

まとめ

勉強の間食としてナッツがおすすめな理由を説明しました。
ぜひ、間食に取り入れてみてください。

最後になりますが、勉強中は水分を取るようにしましょう。
人間の体から2%の水分が失われると一気に集中力が低下します。

これを防ぐためには1〜2時間に1度は最低コップ1杯分ほどの水分を取るようにしましょう。

また同じ時間勉強するのでも、効率的に勉強できるようにためにメンタリストDaiGoが書いた「最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法」は一読することをオススメします。

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1989年生まれの29歳。留学、ワーホリ、世界一周から帰ってきました。 iSara5thに参加して、現在駆け出しフリーランスとして頑張っています。 旅行が好きで、バックパッカーとしていろんなところに行きました。世界一周の情報をまとめたブログも運営中。
世界一周ライフトラベラー