目の疲れグッズにはコスパ最強の「あずきのチカラ」がおすすめ

毎日パソコン作業をする人は目の疲れを感じることが多いと思います。

そんな人にオススメなのが、今回は紹介する「あずきのチカラ」です。​

本体は安い上に、なおかつ何回も使えるのでコスパは抜群です。

あずきのチカラで目の疲れが回復

あずきのチカラとは目の疲れを癒すための癒しグッズです。

「桐灰はる」などのカイロで有名な桐灰化学が製造と販売しています。

「あずきのチカラ」という名前の通り、あずきが持つ力利用して目を癒してくれます。

あずきのチカラ本体は、目の形に合わせて作られている布の中にあずきが入っている作りりになっています。

その本体を温めて、目の上に置くことで目の疲れを取ることができます。

あずきのチカラはレンジで温めるだけで使える

あずきのチカラの使い方はとても簡単です。

あずきのチカラ本体をレンジに入れ温めるだけです。

温まったら、それをそのまま目の上に置くだけ。

ほどよい暖かさになったあずきのチカラが出す天然の蒸気がじわっ~と目を温めてくれて、とても気持ちがいいです。

ほどよい重さもあるので、簡単にはずれません。

温める時の注意点


温める時に、あずきのチカラには目に当たる面表と裏があるので間違えないようにしてください。

加熱しすぎに注意
あずきのチカラは、レンジのW数と時間が決められているので、絶対に守るようにしましょう。

オートで温めたり、加熱しすぎると、中に入っている小豆が焦げて使えなくなることがあります。

あずきのチカラはコスパ最強

このあずきのチカラのすごさは何といっても「コスパの良さ」。

一個約750円なのですが、1個で250回も使うことができるのです。

毎日使い続けたとしても、半月以上持つことになります。

同じ目を温めてリラックスする商品として有名なのが、めぐりズムが出している「蒸気でホットアイマスク」。

こちらは電子レンジいらずで、蒸気を使って目の疲れを取ってくれる商品です。
こちらも気持ちいいのですすが、こちらは1個につき1回きりしか使うことができません。

同じ目を癒す商品でも1回しか使えないものと250回も使えるのとでは、コスパが断然違います。

あずきのチカラはずっと使えそうな感じもしますが、所定の250回を過ぎたら買い替えるようにしましょう。

中に入っているあずきが段々と劣化していく(水分を保持できなくなる)ためです。

250回を数える人はいないと思うので、だいたいの日数を計算して捨てるようにしましょう。

他にも本体が温まりくくなるなどしたら、それは劣化のサインなので買え換えた方がいいでしょう。

注意
1回使用したら次の使用までに4時間空けるようにしてください。

また1日の中で4回以上使わないようにしてください。

目の疲れを癒すことは集中力アップにつながる

メンタリストのDaiGoの著書である「自分を操る超集中力」の中で、集中力と目の疲れについて書かれています。

それによると、脳は本来疲れを知らないのですが、長時間何かの作業をすると時などに人は疲れを感じるようです。
この疲れとは本来、脳の疲れではなく、神経と筋肉が疲れているだけです。

特に長時間パソコンや本などを見ることは、ずっと目を緊張させた状態が続くので、目の周りの筋肉を疲れさすことにつながります。

目の疲れはそのまま集中力の低下につながってしまいます。

その疲れを癒すために、神経の集まる目を癒すことで、途切れた集中力を取り戻すことができます。

本の中でも目を癒すためには、「目を温める」か「目を使わないようにする」ことを勧めています。

本の中では自分の手を使って目を温める方法や、アイマスクを使って目を使わなくすることについてかかれていますが、あずきのチカラはこの2つを同時にすることができます。

パソコンを使った作業をしている時などに疲れを感じた時に、あずきのチカラを利用することで集中力を回復させることができます。

おわりに

あずきのチカラのすごさについて分かってもらえたでしょうか。

僕がAmazonを通して買ったものの中でも、何回も買いなおしている満足度の高い商品です。

目の疲れは蓄積すると、視力が落ちたりすることにつながってしまいます。

そういう深刻なことを避けるためにも目の疲れを取るあずきのチカラを使ってみてください。