大阪から東京までWILLERの深夜バスを利用して移動



大阪から東京まで有名なバス会社であるWILLERを利用して移動しました。

乗車場所、降車場所やバスの乗り方、車内設備について紹介します。

WILLERバスの予約方法

ウィラーバスの予約はネットから簡単にすることができます。

公式ページからもできますが、僕は楽天から予約しました。

楽天ポイントが貯まりやすいのでオススメです。
また、10%オフのクーポンなども手に入れられる時もあります。

楽天ではWILLER以外のバスも取り扱っているので、日時と行き先で検索をすれば、WILLER以外で自分に合ったバスを見つけられるかもしれません。

リンク楽天バス

WILLERバスは基本的に平日が安く、金曜日、土曜日、日曜日は普段よりも高くなります。
その他、連休は高くなります。

WILLERは人気のあるバス会社なので、乗車する日が決まり次第早めに予約するようにしましょう。

大阪のWILLERバスターミナル大阪梅田を出発

大阪のWILLERバスの出発場所は梅田にあるWILLERバスターミナル大阪梅田です。
有名な梅田スカイビルタワーイーストの1階にあります。

梅田駅や大阪駅から歩いて行ける距離にあります。

待合場所が広く、快適にバスの時間まで待つことができます。
いろんな路線があるので、基本的に人が多いです。

電光掲示板に、便名や出発時間、乗車場所が表示されるので、自分の便を確認するようにしましょう。

自分のバスの乗車時間が近くなったら、バス乗り場に向かいます。

乗車時には、乗務員の人に名前を伝えればOKです。

大きな荷物がある人は、トランクの下に預け荷物として置くことができます。

大阪のwillerバスターミナル大阪梅田の場所

WILLERバスの車内設備について

今回乗車したのは4列シートです。
リクライニングも倒れますし、座り心地も至って普通の座席でした。

隣に人がいるのが嫌な人は3列シートを予約するようにしましょう。

僕が乗車したバスにはコンセントがついていませんでした。

コンセントが付いているバスもあるので、モバイルバッテリーを持っていない人で、コンセントが必要な人は予約時にチェックしておきましょう。

WILLERバスの途中休憩

大阪の梅田を出発したバスは京都で人を乗せました。

そして、京都を出発した後、SAエリアでの休憩が3回ありました。
草津、浜松、海老名のSAエリアです。

休憩はありますが、停車時には車内のライトは付かず、何のアナウンスもありません。

また、大きいSAで休憩するので、駐車場にはたくさんの大型バスが停車しています。
バスから降りるときは、車体のデザインやナンバーを覚えておくようにしましょう。

東京の池袋に到着

東京の降り場はいくつかありますが、僕が降りたのは、池袋駅近くのバス停です。
徒歩1分で池袋駅に行けます。

池袋にはサンシャインシティ文化会館1階にある池袋サンシャインバスターミナルもあります。
こちらは池袋駅まで徒歩10分と少し離れています。

僕が乗車していたバスは、池袋の後は東京ディズニーランドだったので、降り過ごさないように気をつけてください。

WILLERの到着場所(池袋)

まとめ:大阪・東京間の深夜バスにWILLERバスはおすすめ

WILLERバスで快適に移動することができました。

乗車料金も比較的安いので、オススメのバス会社です。

大阪から直接ディズニーランドにも行くので、ディズニーランドに行きたい人も東京の混雑した電車に乗る必要がないのもいいですね。

リンク楽天バス

東京から大阪までの夜行バスは「VIPライナー」がおすすめ!無料ラウンジで快適にバス待ち!

2019年1月26日
この記事のタイトルとURLをコピーする
Amazonでお得に買い物

Amazonで海外に行く前に必要なモノを購入されると思いますが、Amazonのギフト券のキャンペーンを利用するとお得です。

このキャンペーンを利用すれば、普通に購入するのに比べて、

  • Amazonギフト券のチャージ金額に合わせてポイントが貯まる(最大2.5%)
  • 5,000円以上のチャージで1,000ポイントがもらえる(初回購入の人のみ)

特に、Amazonプライム会員であれば、ゲットできるポイントの利率が一般会員よりも高くなってお得です。

ぜひこの機会に、キャンペーンを利用して、欲しい物をお得に購入してみてください。

※クレジットカード・電子マネーでのチャージはキャンペーン対象外なので注意