集中したいときはスマホを遠くに置こう

現代人とは切っても切り離せないスマホ。
常に携帯していますよね。

集中力して取り組まないといけない作業や勉強をしているとき、スマホをどこに置いていますか?
スマホを机の上に置いている人は要注意です。

今回アメリカで行われた実験により、なんとスマホが机にあるだけで集中力が低くなることが判明しました。

スマホを机の上に置いているだけで集中力が奪われる

先日、「スマホを机の上に置いているだけで集中力が奪われる」ことが研究によって判明しました。

研究の詳細についてはNew research suggests smartphones might actually be making you dumberに書かれています(英語)。

書かれている内容を日本語で説明します。

テキサス大学で行われた「スマホが集中力にどう影響するか」の実験についてです。

実験は800人の被験者を3つのグループに分け、集中力が問われる試験を受けてもらうという形式で行われました。

  • 第1グループ:試験中に携帯を画面を下にして机の上に置かせて、試験を受ける
  • 第2グループ:携帯をポケットの中に入れて、試験を受ける
  • 第3グループ:携帯を別の部屋に置いて、試験を受ける

この実験の結果は、第3グループが第1グループと比較して大幅に高い点数を取りました

第2グループと比べても、第3グループの方が高い点数を取る傾向がありました。

「考えようにしよう」とすることで脳を使う

スマホは操作していなくても、机の上にあるだけで集中力が低下することが分かりました。

これはスマホを操作していなくても、いつもは手元に持っていることが影響して「スマホのことを考えないようにしよう」と無意識にスマホのことを考えることでそちらに集中力を使ってしまうからです。

集中力は2.8秒それるだけで作業効率は半分以下になる

スマホが机の上にある時に、Lineやメッセンジャーでメッセージを受信することで、画面が光ったり、音が鳴ります。

その瞬間に、どんなに集中していたとしても、集中力は切れてしまいます。

「誰からのメッセージだろう」「なんのメッセージなんだろう」なんてことを考え始めてしまうからです。

人間は作業している作業からたった2.8秒それるだけで、作業効率は半分以下になってしまいます。
さらに4.4秒気がそれると作業効率は1/3にも下がりました。

そのため、一瞬でも気がそれては一気に集中力が切れてしまうのです。

作業をするときは、スマホを遠くに

作業するときはスマホを机の上に置かず、目の届かない場所に置くことで集中力を持続したまま作業をすることができます。

LINEなどのメッセージを受信しても音が鳴っても集中力は切れます。
大切な連絡が来ることがわかっている時以外は、マナーモードにしておきましょう。

メンタリストのDaigoさんも、「超集中力」の中で机の上にスマホを置かないようにと指摘しています。

Daigoさん自身も携帯をマナーモードやサイレントモードにしたうえで、引き出しの中にしまってから作業をするそうです。

そして、集中力の切れるサイクルに合わせて、携帯を確認することで集中力を損なわずに作業に集中しています。

このようにできるだけスマホを意識しないようにして作業することで、最大限の集中力が得られるようになります。

何かの作業をするときは、スマホを自分から離れた場所に置くようにしましょう。

「立ち作業」で最大限の集中力を発揮しよう【GoogleやFacebookも実践】

2018年3月20日

作業には制限時間をつけよう!時間がないと思えば脳は動く!

2018年1月23日