行動するために必要なのは「正当な動機」と「切羽詰まった理由」の2つだけ!



「正当な動機」と「切羽詰まった理由」。

この2つさえあれば、人間は行動します。

何かしたいと思っても、なかなか行動できない人はこのどちらかが足りていません。

なぜこの2つがあれば行動できるのかを説明していきます。

ずっと「やりたい」と思っているけど行動できない人はたくさんいる

「やりたい」と思っているけど、ずっと行動できてない人は多いです。
日本人だと英語の勉強とかが多いですね。

ほとんどの人は「したい」と思っていても、行動にうつさずに「思っている」ままです。

また、行動し始めたとしても、途中でやめてしまって目標まで続けられない人が大多数。

そういう人に必要なのはたった2つ。
正当な動機」と「切羽詰まった理由」だけです。

この2つはどういうものなのか、なぜ必要なのかをそれぞれ説明していきます。

正当な動機

まず、行動するために必要なことは「正当な動機」です。
言ってしまえば、「行動する理由」ですね。

人間は「なぜその行動をしたいのか」という理由がはっきりしていないと、行動することができません。
逆に、行動する理由が明確であればあるほど行動に結びつきます

例えば、あなたが英語が話せるようになりたいと思っていたとします。

ここで、漠然と「英語が話せるようになればいいなぁ」ぐらいだとあなたは英語を話せるようになる確率は低いです。
空いた時間があっても勉強することはないでしょう。

でも、ここに明確な理由があれば違ってきます。

  • 「海外の友達が欲しいから、英語を話せるようになりたい」
  • 「海外の恋人と付き合いたいから、英語を話せるようになりたい」
  • 「1人でアメリカを旅行したいから、英語を話せるようになりたい」

このような理由があれば、「英語話したいなぁ」と思っている人よりも目標が達成できる可能性は間違いなく上がります。

やりたいことがあるのなら、「なぜ」やりたいのか、それをやって何を手に入れたいかを明確にしましょう。

逆にやりたいことがあるのに、やらないことは「先延ばし」です。
先延ばしをすると、脳の集中力は奪われ、寿命まで縮むこともわかっています。

先延ばしのデメリットとすぐに行動するための方法

2019年1月23日

切羽詰まった理由

正当な動機は比較的簡単に決めることができます。
それよりもほとんどの人に足りていないのはこの「切羽詰まった理由」でしょう。

「切羽詰まった理由」がないと人間は行動できません。

だから、ほとんどの人は「行動したい」と思っていても何もせずに、普通に生きて普通に死ぬだけです。

頑張らなくても、今のままでも十分いけるんですね。
そのため、何かを大きく変えようとする気持ちがない

理由がないと人は行動しないし、頑張れないので、そのままの人生で終わってしまいます。

いつでもできることは死ぬまでやらない」のが人間です。
いわゆる「現状維持」です。

人間の脳は変化を嫌います。
だから、変化しなくて良いのなら変化しない方を選んでしまうのです。

したがって、行動したいのなら、切羽詰まった理由、つまり「今やらないといけない理由」を作りましょう。
こじつけでもいいんです。

英語を話せるようになりたいのなら、例えば下のようなことができます。

  • 英語のスクールに申し込む
  • アメリカ行きの航空券を購入する

そうやって自分を追い込んで「今勉強しないといけない環境」を作ってしまいましょう。

このように、行動しないとやばい状況に自分を追い込むようにしましょう。

Showroom前田裕二に見る行動

石原さとみとの熱愛で注目をあびた前田裕二さんは著書「人生の勝算」で過去のことを語っています。

前田さんは8歳のときに親を亡くし、小学時代はギターの弾き語りでお金を稼ぐ日々を送っていました。

これは楽しいからやったのではなくて、お金が必要だからこそ行動したのです。

つまり、「お金を稼ぎたい」という正当な動機と、「稼がないといけない」という切羽詰まった理由があったからです。

なにもなければ、一般的な小学生がゲームをしたりしていたでしょう。

なおこの「人生の勝算」はAmazonでベストセラーになっており、Amazonプライム会員なら読み放題の対象となっているのでKindle版を無料で読むことができます。

他にも面白いエピソードがあってかなり面白いのでお勧めの本です。

まとめ

なんでずっとやりたいと思っていることを実際にできないのか理解できましたか。

何かをやりたいと思うのなら、「正当な動機」と「切羽詰まった理由」を用意して行動に結びつけるようにしましょう。

早起きのコツと具体的な朝型人間になる具体的な方法

2018年5月30日

集中力を活かす生活モデル

2018年4月27日

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

1989年生まれの29歳。留学、ワーホリ、世界一周から帰ってきました。 iSara5thに参加して、現在駆け出しフリーランスとして頑張っています。 旅行が好きで、バックパッカーとしていろんなところに行きました。世界一周の情報をまとめたブログも運営中。
世界一周ライフトラベラー